I’m just checking. – 英会話 1日1フレーズ【No.180】

エンド・オブ・ホワイトハウス(字幕版)

【シチュエーション】

ジェラルド・バトラー、モーガン・フリーマン主演映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』(Olympus Has Fallen)より。

大統領一家の護衛シーン。シークレットサービスのマイクと大統領の息子コナーの会話。

Mike:You keeping 180 degrees awareness?

180度警戒を怠るな。

Connor:I thought you said it was 360?

360度だろ?

Mike:Yeah. I’m just checking.

お前を試したのさ。

Connor:Setting me up is what you’re doing.

ぼくをだまそうとしたな。

Mike:All right. So, how many emergency exits in the West Wing?

よし、ホワイトハウス西棟(ウェストウィング)の非常口の数は?

Connor:Eight.

8つ。

Mike:How many feet from the Oval Office to the PEOC elevator?

執務室から避難エレベーターまでは?

Connor:One hundred and sixteen.

116フィート(35メートル)。

Mike:From doors closing in the elevator, how long does it take to get to the PEOC?

危機管理センター(PEOC)への到着は?

Connor:Four minutes.

4分後。

Mike:Security cameras? How many have audio?

音声付きの監視カメラは?

Connor:Only the ones in the common areas.

公的な場所だけ。

Mike:Not bad.

悪くないな。

このフレーズに注目!

I’m just checking.

聞いてみただけだ。

「聞いてみただけ」「言ってみただけ」というニュアンスの英語。例文のように、相手を試すニュアンスで使うことができます。

このページの英語表現

awareness = 意識

audio = 音声の

このフレーズもどうぞ

Nothing personal.

悪気はないぜ。

<<No.179へ英会話 1日1フレーズ【No.151~200】へNo.181へ>>

初心者の方も安心。ゼロから始める優しい英会話教材まとめ