I’m sorry to disturb you, but ~. – 英会話 1日1フレーズ【No.79】

レストランで夕食中

【シチュエーション】

男がレストランで食事をしています。

そこへ、他の人が声をかけてきました。何か気になることがあるようです。

A:Excuse me.

すみません。

B:Yes?

はい。

A:I’m sorry to disturb you, but your chair is on my wife’s coat.

お邪魔してすみませんが、あなたのイスが妻のコートに。

B:Oh!I’m sorry. I didn’t notice.

おっと!すみません。気付きませんでした。

A:Thank you.

ありがとう。

このフレーズに注目!

I’m sorry to disturb you, but ~.

①お忙しいところすみませんが。

②お邪魔してすみません。

とても丁寧で紳士的な英語です。

相手が忙しそうなときや、誰かが話しているところに割り込むときなどに使います。

ちなみに、whileを加えることで、「(~しているのに)すみませんが」という感じで使うこともできます。

ex)I’m sorry to disturb you while you’re talking.

あなたが話している最中にお邪魔してすみません。

⇒お話中、すみません。

こういう言い方もできます

disuturbの代わりに、bother(手をわずらわす、めいわくをかける) や interrupt(さえぎる、割り込む)もOKです。

ex)I’m sorry to interrupt(bother) you.

このフレーズもあわせてどうぞ

You got a minute ?

<<No.78へ英会話 1日1フレーズ【No.51~100】へNo.80へ>>

若葉マーク 初歩の初歩から優しく英会話を覚えたい方にオススメの教材