イギリス英語の思い出

オックスフォード

受講している1000時間ヒアリングマラソンについてくるイングリッシュ・ジャーナル(2012年12月号)でイギリス英語特集が。読んでいるとなるほど、なかなか面白いです。

私はイギリスに3回行ったことがあります。

一度はロンドンのみ、二度目はドーバーやカンタベリー、リバプール、ウェールズ、三度目は北のスコットランド。どの土地も面白くて、それぞれ独特の雰囲気があります。

イギリスでしか経験できないこと

ロンドンで印象的なのは地下鉄の複雑さ(東京のよう)と、ホテルの高さ&部屋の狭さ!ロンドンのB&Bに泊まったときのこと。

部屋は4畳半程度の広さなのに、料金はなんと70ポンドほど!(当時の日本円で1万5千~1万8千円程度)とあり得ないほど高く、ロンドンで泊まるものではないなぁと思いました。

二度目に行ったときは、ビートルズゆかりのリバプールや、海峡の街ドーバー、英国国教会の本拠地カンタベリー、ケルト文化の地ウェールズ、ピーター・ラビットの故郷レイク・ディストリクト(イギリスの湖水地方)と、長期間イギリスを旅行しました。

特に印象的だったのが、カンタベリーとウェールズ。ウェールズでは観光地の案内のおばさんがとても親切で、日本から来たことを言うと、とても喜んでくれました。

カンタベリーでは、ミサがカンタベリーの大聖堂で行われていて、不謹慎にもキリスト教徒を装い潜入、聖歌隊によるグレゴリオ聖歌をあの大聖堂で聴けました。

歴史ある建物で美しいグレゴリオ聖歌を聴く。音楽好きの私には最高の瞬間でした。

海外は決して安全ではないことを実感したあの日

しかも、その最高の気分を味わった次の日のこと。

アメリカ同時多発テロが勃発、ホテルのBBCで飛行機がビルに突っ込むシーンが何度も放送されていました。「一体何が起こっているんだ!?」とかなりパニクったことを覚えています。

テロの影響で、日本に帰国するときのヒースロー空港の警備がすごくて、帰国するときは本当に大変。

出国時の検査で、マッチョで怖いお兄さんたちに厳しくボディチェック。ヒヤヒヤしながら出国検査されたのが印象に残っています。

三度目のイギリス旅行で行ったスコットランドは英語が全然通じなくて、街中で迷子に。三菱を愛用しているというバスの運転手の親切なおじさんのおかげで、何とかなりましたが。

いろいろありましたが、イギリス旅行は本当に面白いです。また機会があれば行きたいなぁと思っています。

イギリス英語は奥が深い

ところで、イギリス英語と一口に言っても、様々な方言があるようで、千差万別。

南部英語(コックニーが有名)から中部・北部の英語、ウェールズ、スコットランド、それぞれの地方、そして話者の階級によって、発音やイントネーションが違うようです。

私がイギリス旅行中一番困ったのはスコットランドの英語。これは本当に全然聞き取れなくて、「本当に英語なの!?」というくらい別の言葉に思えました。

ロンドンはいわゆる標準英語が中心なので、旅行しても言葉に困ることは少ないかもしれません。

ただ、普段アメリカやカナダの英語で勉強している人には、イギリス英語は難しく感じるかもしれません。

イギリスの標準的な英語は、基本的に音をハッキリ発音しているように聞こえますが、少しでもなまりが入ると、途端に分からなくなるので、とてもクセがあるように思います。

まぁ、慣れが重要なのかもしれませんが、英語も本当にいろいろあるんだなぁと思います。

イギリス英語に興味がある方は、今月のイングリッシュ・ジャーナルを読んでみると、さらに英語が面白くなると思います。

私は今月、たっぷりイギリス英語漬けになりたいと思います。

あわせて読みたい

アメリカとイギリスの英語

イギリス英語でめぐるLONDON