英語は何歳から始めても遅すぎることはない

勉強会

先日、とある英語のサークルに見学に行ってきました。

このサークルは、英語に興味を持つ年齢様々、職業様々な人達が集まって、一緒に英語を勉強していく、そんな集まりです。

そこで、こんなシニアの方がいました。

その方は年齢70歳。会社を退職して、やることがなかったので、「学生時代に好きだった英語をやり直そう」と思って英語を始めたそうです。

ただ自分一人では勉強してもやる気が続かないように思えたので、英会話スクールに入り、それだけでなく、英語のサークルにも顔を出して、英語を頑張っているそうです。

それでその方といろいろ英会話をしたのですが、やっぱりやる気ってすごいなぁと思いました。

内容はそれほど難しい話ではないのですが、中学英語を基礎にして自分の好きなこと、したいことを英語で一生懸命話します。

この姿勢って、とても大切ではないでしょうか。

「限界」を決めるのはいつも自分。

私達は、ある年齢になってくると、「自分はこんなもんだ」と勝手に自分の限界を設定して、「これはダメ」と諦めていきます。

でも、それはもしかしたら自分の勘違いで、気持ち次第で、できないことも、まだまだできるようになるのかもしれません。

英語も同じです。

一般的に英語は学ぶのが早ければ早いほどよくて、「ある年齢になったらなかなか身につきません」的なことが言われますが、多分、そんなことは関係ないのかもしれません。

確かに、英語を始めるのが遅ければ、ネイティブのような流暢な発音を身につけるのは難しいかもしれません。

でも、英単語を覚えて英語の文法を覚えて、発音が流暢でなくても、ネイティブに通じる英語は話すことができます。

そしてそれは、何歳になったとしても、自分の意欲と努力で身につけることができる。そこが大切なのではないでしょうか。

何を始めるにしても、「遅すぎる」ことはない

何歳になっても新しいことを学ぼうとする。そして「もっと知りたい」「新しいことを学びたい」という好奇心を失わない。

「学びたい気持ちがあれば、英語だけでなく、人生もきっと素晴らしいものになるんだろうなぁ」

70歳のシニアの方と話していてそんなことを考えていましたが、どんなときも私たちは、新しいことを学ぶことができます。

自分のペースで少しづつ進んで、そして新しい何かを学んでいく。

「学びたい」と思ったことを今すぐ始めてみる。「できる」「できない」を考える前に、まずやってみる。

それこそが人生で本当に大切なことなのかもしれませんね。

若葉マーク 今年こそ英語。「英会話を優しく学びたい」と思ったらこの教材に注目

あわせて読みたい

英会話の初心者です。どこから英語の学習を始めればよいですか?

なぜ英語を頑張る人が増えているのか

シニアの方におすすめの英会話教材