現役ネイティブ英会話講師が語った本当に英語を話せるようなる方法

えーっ!それはマジ?

先日、とあるイベントで英会話の講師をしているオーストラリア人と知り合いました。

年齢も私と近いので(向こうが一つ上)、ざっくばらんにいろいろ話ができたのですが、そこで英語習得に関して一つ面白い話を聞いたので、こちらでご紹介します。

ネイティブ講師が本音で語ったこと

彼は30歳のとき初来日。現在は日本語で意思疎通ができるそうですが、その当時は全然日本語がダメだったそうです。

それで実際に来日して、「日本語を強制的に話さざるをえない環境」に身を置いたことで、日本語ができるようになったそうです。

その体験から、

「日本人が英会話スクールに通うのは効率が悪いよ。本当に英語を話せるようになりたいなら、アメリカとオーストラリアとか、海外へ行って生活すべきだ!」

ということを主張していました。

もっとハッキリ書くと、この方は自分が英会話講師としてお金を稼いでいるのに「英会話スクールに通うのはお金のムダで無意味だ」という主張をしていました。

かなり極端な意見ですが、確かに「絶対に英語を話せるようになりたい」という主張は一理あり。

今すぐ英語を絶対話せるようになりたい。それなら英会話スクールよりむしろ、英語圏の国に直へ行くのが確実かもしれません。

というのは英語圏の国へ行って英語ができない=生きていけないので、必然的に英語を覚えようとします。なので言っていることは間違ってはないと感じました。

英会話スクールに通う意味は?

ただ個人的には、英語のために英会話スクールに通うのは無駄ではないと思います。

もちろん、受講するレッスンをきちんと選ぶ必要はありますが、自分に合うレッスンを選ぶことができれば、分かりやすく英語に取り組んでいくことができ、独学よりも挫折しにくくなります。

グループレッスンの場合は、英語を共通に他の受講生さんと仲良くなることができるので、人間関係が広がります。英会話スクールにはこういうメリットもあります。

なので、英会話スクールに通う目的を、「英語を話すためだけ」など、限定しないほうがいいかもしれません。

結局、英語は続けていれば、必要な英語力が身についていきます。なので、お金はかかるかもしれませんが、すぐに結果を求めず、楽しんで続けるのもありだと思います。

英会話スクールのグループレッスンのこんないいところ

通うメリットは英語だけじゃない!

英会話スクールに通う場合、他の受講生さんと英語の話をきっかけに仲良くなって、勉強法の話を教え合ったり、勉強以外、いろいろ新しい出会いがあります。

効率重視で英語を話せるようになりたい。それなら確かに英語圏の国へ1年くらい行って生活すればそれが一番かもしれません。

ただ、英語の勉強を続けること、英会話スクールに通うこと、そういったことは無駄にはならないはずです。

そう考えると、英語を話せるようになることは大事だけど、英語を学ぶという過程を大切にすることが、結局一番なのかなぁという気がします。

考え方はいろいろあると思いますが、結果を早急に求めないこと。楽しんで続けること。それが一番だと思います。

最後に

「英会話スクールに通うのは無意味。そんなことにお金を使うなら現地へ行きなさい」

英語で食べているネイティブ講師なのにえらく尖った話でしたが、あなたはこの意見に対して、どのように感じたでしょうか?

ネイティブ講師が語っていたように、英会話スクールに通ったからといって英語を話せるようになるとは限りません。

とはいえ、そこに通う意味を実感することができるかどうか。結局はそこが一番大事なことではないかと、個人的に感じています。

英語を話せるようになるためにも、いろいろな選択があります。一つの意見として、参考になれば幸いです。

若葉マーク 今年こそ英語!初級英会話を優しく学べる教材

あわせて読みたい

英会話スクールを選ぶ前に知っておきたいこと

英会話スクールに通えば英語を話せるようになりますか?

目に見える結果を出す。英語パーソナルジムが支持される5つの理由