ESLの意味を解説。留学すれば英語ペラペラになりやすい理由がこれ!

海外暮らし

このページでは、英語習得の重要用語であるESLについて、分かりやすく解説しています。

一体どんな意味の言葉なのか?それが英語習得にどのように関係があるのか?興味がある方はこちらをご覧ください。

ESLとは?

まずはじめにESLとは、English as a Second Language(第二言語としての英語)の略です。

つまり、英語を母語としていない人が、アメリカやイギリス、カナダなど英語を母語とする国に滞在して英語を学ぶことを指します。

例えば留学。

英語を母語としていない私たち日本人がアメリカに留学すれば日々、母語ではない英語を使うことになります。

これこそがまさにESL。第二言語としての英語学習になります。

なぜESL環境は英語ペラペラになりやすいのか?

ESLの場合、普段の生活の中で自然と英語に触れる機会、を強制的に作ることができます。

アメリカに留学した場合、朝起きてテレビをつければ英語の番組が流れ、街に繰り出せば、そこかしから英語を耳にします。

そもそも、生活するために、英語を使わなければいけません。日々英語をインプットするようになるだけでなく、アウトプットをする機会も得ることができます。

結果、インプット→アウトプット→改善という具合、自然に英語力がアップする環境を手に入れることができます。

だからこそ、留学した人が英語ペラペラになりやすいのは、まさに環境の力と言えます。

なかには、留学しても英語が全然話せるようにならない人もいます。その理由はこちら。

語学留学すれば英語をマスターできますか?

EFLとの違いは?

私たち日本人が英語を学ぶとき、2つの環境が用意されています。1つは、このページのテーマであるESL。そしてもう1つは、EFLです。

EFLとは、English as a Foreign Language(外国語としての英語)の略で、かんたんに言うと、英語を母語としていない人が普段の生活で英語を使わない環境で英語を学ぶことを指します。

そう、ずばりに多くの日本人の英語学習環境がまさにEFLです。私たち日本人が英語を効率的に学ぶなら、環境のついて理解しておくことが大切です。

EFLの意味を解説。日本人が英語を学ぶ環境とは?

日本にいながらESLの環境は手に入らない!

もちろん、日本にいながらでも、可能な限りESLに近い環境を作ることは可能ですが、留学するのと同じような条件で英語を学ぶことは現実的には不可能です。

そのため、EFLの環境のなかにおいて、最大限英語を効果的に触れられるような仕組みを工夫していくことが大切です。

具体的にはインプット。

EFLの環境では、英語を身につけるためのインプット量が不足しています。日々いかに、効率的にインプットを増やすことができるか。

それが、私たち日本人にとって、英語を効果的に身につけるカギになります。

まとめ

ESLとはEnglish as a Foreign Language(外国語としての英語)。私たち日本人のように、英語を母語としていない人が、英語圏に滞在して学ぶことを指します。

ESL環境では、圧倒的に英語のインプット量を増やすことができ、かつ自然にアウトプットする機会を得ることができます。

このため、英語を効率的に身につけるという意味では、最高の環境を利用することができます。

本気で「英語を身につけるための強制的な環境」を手に入れたい場合、長期留学などを検討するのも一つの方法です。

日本国内で英語力アップを実感するには?

仕事の都合などで留学が厳しい場合、日本国内のEFL環境で、最大限の効果が期待できる英語習得サービスを検討する価値があります。

例えば短期集中で莫大なインプット量を手に入れる英語パーソナルトレーニング。

プロのコーチが上達の道筋を提示し、必要なトレーニングを効果的に受けられる英語習得サービスです。

最短最速で英語をなんとかしたい方は、特に注目する価値がある内容になっています。詳しくはこちらをご覧ください。

徹底解説!英語パーソナルジムが注目される5つの理由

あわせて読みたい

英語パーソナルジム人気ランキングBEST5

英語には「正しい習得法」がある?SLAとは

英語をもっと効率的に習得する「科学的」理論