チャンクの意味を解説。英語を話せるようになるコツがこれ

Thank youと書かれたカード

即席で英語を話したいならチャンクに注目。

チャンクとは、ネイティブスピーカーが日常英会話で使う短文のことです。

チャンクとは「一塊(ひとかたまり)」という意味で、主に2語~8語程度の決まり文句(フレーズ)で、主に日常会話で使われます。

例えばこちら。

・want to ~ (~したい) → wanna

・(be)going to ~ (~するつもりです) → gonna

これらはネイティブが使う有名なチャンクです。

また、

・Why don’t you ~

・How are you ?

など、フレーズを一塊に覚えるものもチャンクになります。

チャンクで英語がもっと話せるようになる!

英会話教室では、このようなチャンクを覚えて、スピーキングの練習をします。

ある程度チャンクを覚えることで、英会話もスムーズになり、シュチエーションごとに使い分けることもできます。

この意味で、チャンクを暗記することは、実用的な英会話のレッスンになります

実際の会話では英語で即答する必要があります。

この場合、ある程度チャンクを覚えていないと「英語が出てこない」という状態になります。英会話を楽しむには、ある程度のチャンクをストックすることが大切になります。

テキストの重要なフレーズを暗記したり、英会話の教材で繰り返しリピート学習することで、チャンクを身につけていくことができます。

英会話教材の中には、日常コミュニケーションを題材にした内容の教材が販売されています。これらの教材でトレーニングするのもOKです。

チャンクを使いこなせるようになれば、英会話の力もグッと伸びます。英語を話せるようになりたい方は、参考にしてみてください。

まとめ

チャンクは意味のまとまりのこと。

英語はチャンクを意識することで、効率的に英語を理解し、身につけていくことができます。

リーディングなどのインプット作業のさいは、チャンクを意識し、英語を読んでいくことで、正確に英語の文章を理解することができます。

チャンクを意識して英語を理解することが大切です。

若葉マーク かんたんなフレーズで英語が話せる優しい英会話教材

あわせて読みたい

チャンクで英語を覚えるメリット&注意点

英会話初心者が最速で「英語が話せた!」が実感できるパターン学習のすすめ

パターンプラクティスのすすめ

<<英語用語集に戻る