大学受験で結果を出す英語の勉強法・参考書

絶対合格!

前回の記事はこちら

大学の受験英語についてのコンテンツです。こちらのページでは、具体的な勉強法、私が使った英語の参考書をご紹介しています。

「受験英語で力が伸びない!」という場合はこちらを参考にして下さい。

時間は限られている!

受験とは、限られた期間で、いかに実力を伸ばせるかの勝負です。

つまり、限られた時間の間、いかに効率的に点を取るための勉強ができるか。そこに合否がかかっています。

だから、大切なのは点数という結果。

勉強して教養を磨くこと。一般的な知識を学ぶことも大切かもしれません。しかし、志望校に合格できなければ、きっとあなたは納得できないでしょう。

だからこそこだわるべきは結果。すなわち、志望校の最低合格点を取得する、それにつきます。

このページの勉強法について

こちらのページに掲載する勉強法ですが、すべて、管理人の体験に基づいています。2ヶ月で、英語偏差値を40代(推定)から62に急上昇させた勉強法です。

ポイントは、次の2点です。

1・過去問を解いて出題傾向を研究する

2・参考書を準備してひたすらやる

短期間で結果を出すためには、志望校の出題傾向を分析し、ひたすら点を取るための勉強をすることです。

・長文重視の問題ならひたすら長文を読んで、英文に慣れること

・文法問題が多いなら、文法問題集を多めに暗記しておくこと

など、志望校の傾向に沿った勉強をすることです。

使う参考書(リンク先はAmazon.co.jp)

・志望校の赤本(全学部)

センター試験の過去問

Z会、速読英単語 必修編

Z会、速読英単語 上級編

桐原書店、大学入試英語頻出問題総演習×2

(同じ問題集を2冊用意します。理由はこちら。)

旺文社、基礎文法問題精講

旺文社 ターゲット

(1900と1000、受験直前に使用)

まず赤本をゲットする理由

志望校に合格するための受験勉強を始める。そのために重要なのが志望校の出題傾向を徹底的に知ること。

伝統ある私大ほど、出題傾向が変わりません。ついでに言えば、試験の形式、配点も同じです。

だからこそ受験勉強を始めるにあたって真っ先に重要なのが赤本を手に入れること。そして、本格的な勉強を始める前に、必ずトライします。

この際、全然出来なくても構いません。

本格的な勉強を始める前に志望校の赤本を解く理由は、志望校の出題傾向を理解するためです。「敵を知り、己を知る」ことが第一。

そのためにまず赤本です。志望校の赤本の全学部を手に入れ、解いてみましょう。これは、声を大にしてあなたにお伝えしたいことです。

繰り返しますが、ここで全然点が取れなくてもかまいません!受験日まで、点を取るための対策をすればいいのです。

それがすなわち、受験勉強なのです。

9月~11月半ばまで

基礎固めに徹します。志望校の赤本を解いて、出題の傾向をつかみます。その後は、まず英語の長文に慣れることを、第一の目標にします。

私の場合、次のように英語を勉強しました。

まず速読英単語の必修編を1日5ページを黙読したあとに音読、その後で桐原書店の大学入試英語頻出問題総演習を丸暗記します。

その後、旺文社の基礎文法問題精講を2~3ページやります。

月曜から金曜、このルーティンを繰り返します。土曜日は丸ごと復習に時間を使います。日曜日は勉強なし、遊びや休養に。週に1日は、必ず休みます。気分転換は必要です。

【各教材の使用法と注意点について】

・速読英単語の必修編

最初はこの参考書で、英文を読みつつ、基本的な英単語を覚えていく。

必修編の英単語は全部覚えるつもりで取り組む。必修編がひと通り終わったら、上級編を始める。同時に、必修編も再度やりなおす。

・大学入試英語頻出問題総演習

こちらは2冊、同じ物を用意。1冊は直接答えを書きこんで、暗記用に使う。もう1冊は、復習用に使う。

・旺文社の基礎文法問題精講

英語独自の構文を理解するために使う。やや英文が古く、硬いので、最初は苦労するかもしれないが、やり終えたらかなり力がつく。

最初のうちは、ノルマをこなすのにかなり時間が必要かもしれません。慣れてくると、30分くらいで済むようになります。

早い人(1日3時間~5時間ペースの人)だと、11月くらいに、英文を読むのが格段にラクになるはずです。

12月~1月

上記の学習に加え、実践問題にトライしていく期間です。

センター試験&志望校の赤本の英文を解きつつ、英単語や熟語、文法をストックしていきます。点数は気にせず、ひたすら問題を解いて、分からない単語を丸暗記します。

英文を読むスピードや、勉強にも慣れてきているはずなので、かなりの量をこなせるようになっているはずです。

この時期は、どんどん、自分に負荷をかけていきます。

2月、受験直前

ここまで来たら、新しい参考書を使うのはタブー。

英語は、速読英単語で長文を読みつつ、旺文社のターゲット(熟語&単語)で、知識のメンテナンスを行います。

速読英単語の必修編と上級編、桐原の文法問題を全部覚え、センター試験の問題を全部解いたなら、ターゲットの英単語は8割くらいクリアできます。

難しい英単語のみ、覚えていきます。

この勉強法のポイントについて

以上が、私が実践し、短期間で結果を出した受験英語の勉強法です。ポイントは次の2点です。

1・短期間で英語の実力を高めること(結果を出すこと)

2・点数アップに全力を注ぐこと

英語の場合、ある程度勉強すれば、そう簡単に実力は落ちません

なので、一度しっかり頑張っておけば(ある程度の時間を投資していれば)、一定のレベルを保つことができます。

また、受験でしっかり英語を勉強しておけば、トーイック対策も有利になります。

受験で点を取る感覚を身につけておけば、受験勉強と同じ要領でトーイックに望めます。

受験で頑張ったことは、あなたの大きな財産となるでしょう。それでは、栄光を祈ります!

ここがポイント

1・過去問を解いて出題傾向を分析する。

2・出題傾向に似た参考書を準備、ひたすらやる。

あわせて読みたい

TOEIC対策 – ポイントは過去問研究&目標スコアを決めること