英語力はこうやってグングン伸びる!学習曲線とは

これを知っておくとスランプのときも頑張れる!

学習曲線とは、学習量と上達具合の関係を示す曲線のことです。この曲線を知れば、「努力がすぐに結果にならない」理由が分かるかも。

学習曲線のイメージ

学習において、人間の成長は足し算式のスピードで成長していくのではありません。

1・頑張っても伸びにくい、しかし上達のために大切な時期(準備期)

2・ガンガン伸びていく時期(発展期)

3・伸びが頭打ちになり悩む時期(高原期)

というように、いろんな時期を経験しながら曲線的に成長していきます。

それを示すのが、学習曲線です。

英会話の上達と学習曲線の関係

「英会話を頑張ろう!」

と思い勉強をスタートしたとき、英語は勉強すればするほど、頑張れば頑張っただけ、すぐに結果として出てくることを期待してしまいます。

しかし、実際に、やればすぐ勉強したことが結果になることはマレで、頑張っても上手くいかない、勉強していて意味がないように感じる時期があります(準備期)。

それでも、英語を続けていると、あるとき「グーン!」と飛び抜けるときが訪れます(発展期)。

この時期は、今まで勉強してきたことが血肉となっていく時期であり、普段の勉強の大切さを実感できるときです。

ここを過ぎると、ある一定のレベルにまで到達しますが、またコツコツ、じっくり勉強が必要なステージに到達します(高原期と呼ばれる頭打ちの時期)。

このように、英会話は、様々な成長のステージを経験しつつ、曲線的に上達していきます。

学習曲線における3つのステージ

1・準備期

基礎力確保のために大切な時期。この時期は1つ1つの知識の習得に時間がかかり、なかなか伸びません。

2・発展期

準備期で身につけてきたこと足がかりに、力がメキメキついてくる時期。勉強も効率よく進みます。

3・高原期

発展期の成長が一段落し、伸びが頭打ちになる時期。この時期は、停滞感を感じてしまう危険な時期ですが、ここを乗り切ると、また次の新しいレベルに進むことができます

英会話学習に失敗する原因

「英会話を覚えたい!」と思ったとき、大切なのは、この学習曲線の知識を押さえておくことです。

学習曲線のことを知っているかいなかで、結果がでないとき、勉強しても「伸びない時期」を、焦らずにやり過ごすことができます。

普通、勉強していても思うように伸びないときは、勉強に意味がないように思い、やる気を失くしてしまうものです。

しかし、学習曲線の知識を知り、英会話学習には伸びる時期と伸びない時期があるということを知っておけば、「もうダメだ・・・」と挫折してしまうリスクを抑えることができます

英語を話せるようになるためには、勉強と練習、マラソンのように、粘り強く英語に取り組み必要があります。

山あり谷あり、長い英会話学習レースを走りぬくため、英語は焦らず、コツコツとやるべきことを続けていきたいものです。

若葉マーク 英語を話せるようになりたいあなたにおすすめの優しい英会話教材

あわせて読みたい

ブレイクポイントは突然やってくる

英語はたくさん聴くことが大切

<<英語用語集に戻る