ワーキングホリデーの意味を解説。海外で働きながら英語も習得できる!

アルバイト中

海外で働きながら英語を習得!

ワーキングホリデーとは、海外で仕事をしながら生活ができる制度です。

仕事をして滞在資金を補い、現地で外国語を学ぶことができます。最長で1年間の海外生活が可能です。

ワーキングホリデーは、

・ビザ取得のために年齢制限がある

(18~30まで、各国により異なります)

・仕事の面で制限がある

などのネックもあります。

とはいえ、現地に滞在しながら、語学習得はもちろん、観光やスポーツ、資格取得の勉強など、様々な人生体験を積むことができます。

その点はワーキングホリデーならではの魅力です。

ワーキングホリデーできる国は?

1980年に制度が始まってから、現在では対象国は11ヵ国にまで広がっています。

ワーキングホリデー対象国

・オーストラリア

・ニュージーランド

・カナダ

・イギリス

・アイルランド

・フランス

・ドイツ

・デンマーク

・韓国

・台湾

・香港

以上の参加国のうち英語圏では、特にカナダ、ニュージーランド、オーストラリアの3カ国が人気を集めています。

物価、住環境(治安を含む)、英語圏であることなど、ワーキングホリデーに参加しやすい環境が整っていることがその理由です。

語学に集中するならワーキングホリデーよりも留学

単純に英語等、外国語習得を目的にするなら、留学がベターです。

ワーキングホリデーの場合、就労の制限はもちろん、語学学校に通える期間が制限されているからです。

各国の基準によりもすが、期間はおよそ数ヶ月程度。

外国語を学ぶには、もう少し時間が必要かもしれません。そのため、語学目的で海外へ行きたいのであれば、ワーキングホリデーよりも留学の方が安心です。

まとめ

ワーキングホリデーとは、現地で生活。働きながら語学を身につけていくことができる制度です。語学が身につく+現地で生活できるという、貴重な体験ができます。

最長で1年間の海外生活が可能なので、留学ではなく現実に飛び込み語学を身につけたい方は、検討する価値がある制度です。

ただし国によってはビザ取得の年齢制限があります。ワーキングホリデーを利用するなら、20代のうちが良いでしょう。

若葉マーク ワーホリに行く前に最低限覚えたい日常英会話が身につく教材

あわせて読みたい

初心者がトラベル英会話を覚える安心の方法は?

【これだけは最低限】海外旅行に持っていきたい7つのもの

語学留学すれば英語をマスターできますか?

<<英語用語集に戻る