I am not your savior. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.220】

オレも一人の人間なのさ

I am not your savior.

僕はあなたの救い主じゃない。

人は一人では生きていけない。

だからこそ、人から頼られることは単純にとても嬉しい。あれこれしてあげて、それで人から喜ばれることは、甲斐性があるようで嬉しいものだ。

でも実のところ、あれやこれ、何でもしてあげることは、実は頼る人の自立性や自主性を奪うことでもある。

だから頼まれたときに手助けをしてあげることも大切だけれども、それ以上に本当に大切なことがある。

それは、その人が自分で問題を解決できるように手助けをしてあげることことだ。つまり、魚を取ってあげるのではなく、魚の釣り方を教えることだと思う。

だから、「~して」と頼りにされたら、ときに頼まれたことをそのまましてあげるのではなく、「こうやってやるんだよ」と、あえて突き放すことも必要かもしれない。

その人自身が、本当に自分の足で立つことができる人になれるように。

元ネタ

何かの洋画のセリフから。

savior=救世主という意味で、文脈によっては、イエス・キリストを意味することもあります。

こちらもどうぞ

Power!Unlimited power!

無限のパワーを喰らえ!

<<No.219へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.201~250】へ | No.221へ>>

若葉マーク 「今年こそ英語を頑張りたい!」という方におすすめの英会話教材