What are you talking about? – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.196】

なんておっしゃいました?

What are you talking about?

お前は(一体)何を言っているんだ?

世の中、ときに会話をしていて、

「ん?話が通じていないぞ?」

というような、話が通じていない人。空気が読めていない人がいる。

そんなときは正直に、

「あなたは一体何を言っているんですか?」

と指摘してあげるのが良い。

意思疎通の不具合は極力避けて、理解できないことをきちんと指摘してあげる。それが大人の愛ある優しさというものだ。

ただし、このとき煽ってはいけない。それは不要な争いの原因になる可能性がある。

ただ、優しさと寛容さ、忍耐強さを持って、空気が読めていないことを指摘してあげればいい。それだけできっと、十分なのだ。

元ネタ

格闘技選手ミルコ・クロコップの名言から。

補足

What are you talking about? の直訳は 「何について話しているのですか?」 という意味ですが、「何を言ってるの?/え、どういうこと?」というように、ツッコミ的な意味もあります。

こちらもどうぞ

Are you mad?

怒ってる?

<<No.195へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.151~200】へ | No.197へ>>

若葉マーク 初心者のための定番英会話教材といえば

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

すぐに使える英会話例文集⑤【自分の考えを伝える英語フレーズ】