That’s what I thought. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.195】

やっぱりこうなったか・・・

That’s what I thought.

思ったとおりだ。(ドヤっ)

物事には特に理由はないけれど、「これはこうなるだろうな」という直感が働くときがあって、そんなときほど案外、驚くほど当たる。

人の直感なんて、非科学的なようなものに思うが、「虫の知らせ」という言葉を使った先人たちの智恵は、現代でも役に立つ。

ふとなんとくピンときたこと。「これはヤバイかも?」など、直感が働いたときは素直にそれに従っておくのがいい。

自分にとって一番ためになる方法は、案外自分自身が一番よく、知っているかもしれないのだから。

元ネタ

英語の日常会話の言葉から。

補足

what I thoughtは「私が考えていたこと」という意味です。

That’s what I thought.で、「やっぱりね/そうだよね/そう思ってたよ」というニュアンスの英語になります。

「やっぱりね/思った通りだ」という確信度を高めて表現したい場合はexactlyを加え、That’s exactly what I thought.(絶対そうだと思ってたよ。)というように使います。

ただし、この言葉を連呼されると感情的に反感を買う可能性もあるので、使うときは注意しましょう。

こちらもどうぞ

See you in hell.

地獄で会おう。

<<No.194へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.151~200】へ | No.196へ>>

若葉マーク 初心者のための定番英会話教材といえば