I refuse to be a victim. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.277】

それはダメです

I refuse to be a victim.

私は犠牲者になることを拒否する。

自分を成長させるこんな考え方

実際のところ、人生では自分の努力意識ではどうしようもないことも多い。

理不尽な出来事に悩まされ、人生の不公平さに膝を抱えてしまうのが、この世に生きるものの定めである。

とはいえ、日々の心がけによって大きく変わっていくことはたくさんある。

仕事や人間関係、物事が上手くいかないとき、つい原因を他の人や環境に求めがちだが、「もしかして自分が間違っているかも・・・?」と考えることは、自分を成長させるきっかけになる。

しかし、「○○が悪い!」と常に原因を外に求めることは被害者意識を高めるだけで、そこから何も学べないし、成長することもできない。

それではいつまでも、同じところにとどまったままだ。

そこで、もし何かが上手くいかないときは、「○○が悪い」と考えるのをやめ、「もしかしたら自分の△△がダメなのか?」と考え方を変えてみる。

そこから学べることがたくさんあるかもしれない。それこそがまさに学ぶ価値がある、人生の気づきなのだから。

元ネタ

映画『アメリカン・ビューティー』に登場するキャロリン(主人公の妻)のセリフより。

被害者意識を持つことは人生の可能性をダメダメにするNG事項。自分の人生の責任は自分にあり。その考え方をしれば、なぜアメリカが大きな国になったのか。

その秘訣が分かるかも?この映画は普遍の名作です。

若葉マーク 迷ったらこれ!英語力アップにおすすめ英会話教材まとめ

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

リアルで役立つ英語の処世訓。生きる知恵を学ぶ英語の決め台詞

Nobody’s perfect.

<<No.276へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.251~300】へ | No.278へ>>