Man errs so long as he strives. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.93】

新しいことに挑戦し続ける人

Man errs so long as he strives.

人は、努力する限り、間違いを犯す。

生きていくことは挑戦の連続である。それはすなわち、人生とは失敗の連続であることを意味する。

この意味で、恥ずべきことは失敗することではない。失敗は挑戦してきたことの証であり、前向きに人生を生きている証拠である。

だから基本的に人生では何度失敗してもいい。同じ失敗さえ繰り返さなければ、失敗は何度してもかまわない。

失敗すればするほど、あなたは確実に何かを学んでいく。それこそが失敗の価値である。そしてそれは、人生の大切な学びである。

だから失敗したときはこう考えよう。

「これで新しいことを一つ学んだ。次に生かそう!」

と。

元ネタ

ドイツの文豪、ゲーテの名言より。

ゲーテの言葉は新潮社の文庫版で身近に触れることができますが、まるで数百年前の人とかそんなことは関係なく、私達現代人にとっても肝に銘じたい言葉がたくさん。

いつの時代も正しいことは正しい。そして間違っていることは間違っている。そのことを実感させられます。

ストック!英単語

err = 誤る、間違える

strive = 努力する

こちらもどうぞ

Every calamity is a spur and valuable hint.

すべての苦しみは、人を奮い立たせる拍車であり、貴重な学びのヒントなのだ。

<<No.92へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.51~100】へ | No.94へ>>

若葉マーク これなら安心!初めての方におすすめの英会話教材

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

やる気のでる英語名言集【偉人編】