It is important to have insensitivity. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.61】

まぁ気にすんな

It is important to have insensitivity.

鈍感力を持つことが大切だ。

人生長い目で見たら得をするのは気にしすぎよりも鈍感さ。よく言えば「おおらかさ」である。

人生は本当にいろんなことがありすぎる。そして、「そりゃないだろう」というような、理不尽なこと、気に入らないこともたくさんある。

日々生きていく上で気に触ったことをいちいち気にしていたら、そのうち何もかもイヤになってしまう。

だからこそ必要なのは鈍感さ。

人生における80%のことは、テキトーに対処していればそれで十分だ。イヤなことは馬耳東風(turn a deaf ear)、完全にスルーしてもいい。

そのかわり、あなたにとって本当に大切な20%のことだけは、神経質なくらい気を使ってもいい。

つまりどうでもいいことには鈍感力を発揮して、大切なことには繊細力を発揮する。これで人生、しっかりバランスが取れる。

これが生きていくための、一つの知恵である。

元ネタ

小泉元首相の発言より。

センシティブであることは無神経であることよりも人として素晴らしい資質かもしれませんが、必要に応じてあえて無神経になる。それもまた長い人生を生き抜く知恵。

何でもかんでもセンシティブに対応していれば、神経はボロボロになってしまいます。なので完全スルーできること。テキトーに扱っていいこと。

小泉首相のこの言葉は、物事を臨機応変、柔軟に対処していくことの大切さを理解できる言葉です。

ストック!英単語

insensitivity = 無感覚な,感受性のない

こちらもどうぞ

No big deal.

大したことじゃないさ。

<<No.60へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.51~100】へ | No.62へ>>

若葉マーク これなら安心!初めての方におすすめの英会話教材

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

やる気のでる英語名言集【偉人編】