You don’t hate. Only the unloved hate. – 英会話で使いたい100の決め台詞【No.71】

意志を持って

You don’t hate. Only the unloved hate.

憎んではいけない。愛されない者だけが憎むのだ。

あなたの周りに、こんな人はいないだろうか?

いつも誰かを傷つけることをサラッと言う人。人の気持ちに鈍感で、ごく自然に人を不愉快な気持ちにさせてしまう、そんな人が。

なぜ彼らがそのような蛮行に及んでしまうのか、その理由を知るためには、次のことを覚えておくといいかもしれない。

すなわち、

誰かを傷つけてしまう人=自分自身が傷ついている人

という原則である。

早い話、意識的であれ無意識的であれ、人を傷つけようとする人は、その人自身が傷ついてる。だから誰かに自分の痛みを味あわせたいのだ。

この意味で、彼らはとても悲しい人なのだ。あなたの周りにいる「イヤなやつ」も、実はそんな悲しい人なのだ。

そのことを意識しておけば、あなたは多少寛容になることができるはず。ほんの少しで構わないので、優しさを返してあげれば最高だ。

元ネタ

映画『The Great Dictator』、チャップリン演じるニセ独裁者が、大衆の前で自分の正体を明かすシーンの演説から。

ストック!英単語

hate = ~を憎む

the unloved = 愛されていない人たち

こちらもどうぞ

Know yourself.

己を知れ。

<<No.70へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.51~100】へ | No.72へ>>

若葉マーク これなら安心!初めての方におすすめの英会話教材