初心者が英語で挫折しないための英語の「続け方」

この子めちゃくちゃ可愛いのう

「英語を話せるようになりたい!」

「仕事で英語が必要になりそう。独学で頑張ってみるかな?」

そんなときに大切なのが、英語の勉強を続けること。

1年の始めとか、季節の変わり目とか、「新しいことに挑戦してみよう!」というとき、何かを始めることは簡単ですが、やる気が長続きしなくて、三日坊主で終わってしまうことがありますよね。

英語も同じで、

「初心者だけど英語を話せるようになりたい!」

「英会話を覚えたい!」

そう思って独学で英語を始めたとき、いかに続けるか、その仕組というか、習慣を作ることが失敗しないためのポイントになってきます。

「続ける」というシンプルだけどとても大切なこと

英語はやったもん勝ち。

コツコツ、続けていけば、短期間では無理でも、3ヶ月半年1年と続けていくうちに、確実に自分の英語力が変わっていくことを実感できます。

逆にいえば、続けなければ頑張っても変化が実感できないものなのかもしれません。

だからこそ、英語は「○日ですぐに上達!」的なノウハウを求めるより、焦らず急がず、じっくり続けていくための工夫が大切になってきます。

では英語続けるためにはどうすればいいのか?

そのための工夫は人それぞれですが、ポイントは「これなら続けられるかな?」というやり方で取り組むことが大切だと思います。

最低限のノルマを決める

家だけでなく外出中のスキマ時間を活用する

など、自分の生活にあった方法で、無理なく続けていくことが英語を続ける習慣を作る上で効果的です。

そして、普段は教材で独学していても、

・○ヶ月に一度はTOEICを受験してみる

・英会話スクールやオンラインレッスンで覚えたフレーズをネイティブとの英会話で使う

(英会話スクールのグループレッスンは、「英語を話す」という練習の面ではやや非効率的ですが、英語を通じて新しい出会いがあるので、それが刺激になったりします)

など、勉強したことをアウトプット、自分の変化を実感できる機会を作ることが大切です。

そうすることで、前の自分とはこれだけ変わったな、やってきたことがムダになってないことを実感でき、ますます英語を続けることができます。

特に、独学で英語に挑戦されている初心者の方は、「自分がどれだけ変わったか」を実感する機会を持つことが大切だと思います。

前話せなかった英語が話せるようになった、そういう小さい変化に気がつくことが、やる気につながっていきます。

前より英語が話せるようになった自分に出会うのは、とても嬉しいものですし、「もっと頑張りたい!」という刺激になってきます。

最後に

英語は長距離マラソンのようなもの

一朝一夕ではどうにもこうにも結果にはなりませんが、やればやるほど、続ければ続けるほど、それがやがて、「これだけ英語ができるようになった!」という喜びになってきます。

この喜びを実感するためには、英語を続けることが不可欠

英語を続ける工夫をすることで、頑張りが結果になって、英語力が伸びていく。そんな好循環を作っていくことが大切だと思います。

前できなかったことができるようになる、英語で自分の言いたいことが言えるようになる。

そういう変化は本当に素晴らしいもの。頑張りがいがあります。

「独学で英語を頑張りたい!挫折しないで英語を続けていくにはどうすればいい?」

という方は、参考にしてみてくださいね。

若葉マーク 「難しいのはNG、優しいものから英会話を覚えたい」と思ったらこの教材に注目

あわせて読みたい

「英会話を独学でマスターしたい」と思ったら読むページ