なぜ英語はコツコツが最強なのか?答えは英語が「スキル」だから

一緒に頑張りましょう

英語を身につけること。

それはいわば、スキルを習得するということ。サッカーやテニス、合唱や華道。技術を身につけることと同じ行為です。

この意味で英語は、「学校で勉強したから」という理由で、自由自在に使いこなすことはできません。

それは、学校の体育の授業でサッカーをしたからといって、音楽の授業で合唱したからといって、プロになれないのと同じことです。

ではどうしたら英語を自由に使いこなせるようになるのか?

それはやはり日々のトレーニング。練習が欠かせません。毎日欠かさず英語を勉強することが大切になってきます。

一朝一夕でスキルは身につかない

当サイトでは継続は力なり。1日20分30分。わずかな時間でも構わないので、英語を続けることの大切さをお伝えしています。

英会話は継続力。続けさえすれば英語は話せるようになる!

その一番の理由は、英語はスキルだから。

スキルは日々の練習によって身につけることができるものです。短期集中で頑張れば、確かに一時的に効果を実感できるかもしれませんが、継続にはかないません。

例えば、「私はサッカーのプロになりたいです」という人が、月曜から金曜まで一切サッカーの練習をせず、土日だけ1日8時間。猛練習をして、プロになることができるでしょうか?

もしくは、「私は忙しいので、練習は隔週で頑張ります!」という人が、着実に結果を出すことができるでしょうか?

英語もまさに、これと同じ。

スキルと考えれば、バラバラに努力をするよりも、毎日継続していくほうが、結果的に、効果を実感しやすくなります。

続ければ実感できるブレイクスルー

英語が面白いところは、最初全く分からなくても、続けていけば、自然に分かるようになるところです。

例えば私が大学受験のため、Z会が出版していた某本で英語の長文を勉強していたときのこと。

勉強の始めは全く理解できず、二行の英文を読み進めるだけで、時間的に30分。まさに非効率の極みで、その歩みはどん亀の如しでした。

ところがコツコツ英文を読み進めていくと、気がつけば、英語を読むスピードがアップしています。

それだけではありません。自然に内容理解度もアップ。「これは一体どうしたことなのか?」という、ブレイクスルーを経験しました。

英語上達のブレイクスルーは突然やってくる

この体験から、英語は続けてさえいればなんとかなることを、身を持って体感することができました。

続けるから「できる」ようになる!

もちろん、毎日英語を勉強せず、週末などに集中的に英語を頑張ること。

それが全く無意味なわけではありません。英単語を覚える。フレーズを覚える。そういった、局所的部分では、それは意味がある努力なのは間違いありません。

ただし英語はスキルなので、根幹的な方法としてはやはり、毎日継続する方が、効果を実感しやすい、という話です。

特にリスニング力。英文法力。こうした基礎的な部分は、毎日続けてこそ、理解が深まり、実力が伸びていきます。

私が経験したように、毎日続けることで、「できない」というモヤがいつの間にか晴れ、「できる」に変わっていきます。

それは毎日英語を継続することによって、誰もが実感できる体験です。20分でも30分でも時間はかまいません。

毎日英語に接する時間を確保することが大切です。

まとめ

英語は毎日コツコツ続けるのが吉。

短期集中で頑張る場合でも毎日必ず、英語を触れる時間を作ることが大切です。

週に1回だけ8時間の勉強をするよりも、毎日1回30分✕週7勉強するほうが、上達を実感しやすくなります。

英語を勉強するなら、「週末だけ」「隔週で」ではなく、「毎日」英語に触れることを意識することがポイントです。

英語はスキル。習得するために、ぜひ継続を意識してみてください。

若葉マーク 目標は6ヶ月後。今から始める初心者向け英会話教材

あわせて読みたい

短期で結果を出せる?英語パーソナルトレーニングが向いてる人向いていない人

初心者が知っておきたい英会話上達のスランプ対策

上達の秘訣は継続力。英会話を始めたら「3ヶ月」続ける理由