「英語の苦手意識」を克服するために今すぐできる3つのこと【初心者向け】

シェアする

ここに注意してください

「英語が苦手。聞いても全然理解できないし、英語を聞くだけでも疲れてしまう・・・」

このページでは英語への苦手意識を持っている初心者の方が、どのように意識を変えていくか?今すぐできる3つのことをご紹介しています。

「意識」というメンタル的な部分は、英語力を伸ばしていく上で、とても大切なポイントです。苦手意識を実感している方は、まずはこのスモールステップから始めてみましょう。

はじめに

英語の苦手意識を改善するためのもっともかんたんな方法は、「毎日」「英語」に触れる時間を作ることです。

なぜかというと、人は習慣の生き物。同じことを繰り返していれば、それに対する心理的な抵抗感は徐々に軽減され、英語への「異物感」が時間とともに感じにくくなっていきます。

なので、難しい理論や努力が必要なことをする必要はありません。あなたが英語に苦手意識を持っているなら、1日15分でもかまいません。毎日英語に触れる時間を持つことを習慣にするのです。

すると、苦手意識が少しづつ変化していきます。

苦手意識を克服するキーワード

「英語が苦手。聴くだけで抵抗感がある」

そこでまず意識したいのは、短期間で無理に苦手意識を変えようとしないということです。

「苦手」という気持ちは今すぐどうにか変えられるものではありません。英語への苦手意識を今すぐなんとかしようと、荒療治をしようとするとむしろ逆効果。ますます英語が嫌になってしまう可能性があります。

そこで大切なキーワードが「徐々に」。

意識を今すぐ劇的に変えることは難しいですし、それをしようとしたところで、大きな反動がやってきます。ではどうすればいいか?「毎日」「少しづつ」英語に触れる習慣を持つのです。

どれだけ短時間でも、英語に触れる。それを毎日繰り返す。人は毎日触れるものに慣れる習慣を持っています。毎日目にし、耳にするものに対しては、心理的な抵抗感が減っていきます。

例えばあなたにはこのような経験はありませんか?

新しい職場、新しい学校の初日、周囲は「知らない人」だらけで疲れます。でも、毎日同じ顔を見ているうちに、そのストレスは徐々になくなっていきます。

これは英語も同じです。毎日英語に触れることによって、あなたの英語への意識が、少しづつ着実に、変化していきます。

1日15分でもいいので毎日英語に触れ、無理なく着実に意識を変えていく。これは、英語に苦手意識を持つ初心者の方にまず取り入れていただきたい大切な習慣です。

毎日英語に触れるときの注意点

次に大切なのは、毎日英語に触れるさいの注意点です。

毎日英語に触れることは英語への苦手意識を変えていくためにとても効果的な方法ですが、より効果的に苦手意識を克服するには、次の3点に注意することが大切です。

1・教材選びで失敗しない

2・無理をしない

3・自分のペースで継続する

以下、詳しくご説明します。

1・教材選びで無理しない

まず大切なのが、どの英会話教材で英語を聞くか、ということ。

教材と一口に言っても、いろんなものがあります。初心者向けの簡単なものから、ある程度英語に慣れている方向けのものまで様々です。

特に英語が苦手な初心者の方向けのもののなかには、アタリハズレが大きく、使っていて面白くないもの、効果が期待できないものもあったりします。

また同じ初心者向けのものでも難易度が違ってきますので、特に英語が苦手な方の場合は、超初心者向けの優しい教材から始めると安心です。

つまり、あなたの脳に大きな負担をかけず、かんたんで優しいものから始めることです。それはスロースピードの英語でもいいのです。

なぜならここでの目的は、あなたの意識を変えることだからです。「英語は苦手・・・」というネガティブな意識を変えていくことだからです。

そのため効果効能にこだわるよりは、毎日触れても疲れない、かんたんなものから始めるのもいいかもしれません。そのさいは、「この教材で今すぐ英語が話せるようになる!」など、自分にプレッシャーをかけないことです。

むしろ、聞き流す程度でもかまいません。大切なのはあなたが英語に触れる習慣を持つこと。それによってあなたの意識に「英語はOK」ということを伝えていくことなのです。

超初心者向けの教材のなかには英語に挫折した方に向けて開発されたものが販売されています。優しい教材について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

初心者向けおすすめ英会話教材まとめ10選

2・無理をしない

次に注意したいのが、決して無理をしない、ということです。

英語への苦手意識を克服する。そのとき「いつも以上に頑張らなければいけない」という意識を持つ必要はありません。それはむしろ、逆効果になってしまう可能性があります。

例えば、あなたにはこんな経験がありませんか?

あなたが会社で苦手な人がいたとします。その人とうまくやろうとあなたはニコニコしたり、頑張って話かけたり、必要以上に努力します。しかし、相手の態度は一向に変わらず、ますますあなたはその人のことが苦手になってしまいます。

結局、無理は長続きしません。苦手なことに挑戦する。それ自体すごいことなのですから、無理は厳禁。

苦手意識を克服するためには、自分を追い詰めない程度、「これくらいなら簡単にできそうだ」くらいで抑えておくくらいが長続きします。

意識を変えていくのに時間はかかるかもしれませんが、途中で挫折するリスクを抑えて、少しづつ英語への意識を変えていくことができます。

3・自分のペースで継続する

英語はマラソン。結局はコツコツ続けた人が、続けた分だけ確実に、実力を高めていくことができます。

ここで大切なのは、自分のスピードと誰かのスピードを比較する必要はない、ということです。あなたにはあなたの事情があり、ペースがあります。だから無理せず焦らず、着実に英語を続けていくことが大切です。

毎日英語を続けていくなかで、ぜひ、1日1つでも新しい何かが身についたことに気づいたら。それは十分な成功です。大切なのは、あなたのペースで、無理なく英語を続けていくことです。

その際は、おおよそでかまいませんので、「○○年のいつくらいまでに、これくらいの英語力を身につけたい」という目標を持っておくと、なおベターです。

あなたがマイペースに英語に取り組む時間的余裕があるなら、英語への苦手意識を無理なく変えたのち、必要な知識を、必要なステップで身につけていけばいいのです。

まとめると

以上、初心者の方に向け、英語への苦手意識を克服していくために知っておきたいポイントをご紹介しました。

大切なのは英語への意識を無理なく変えていくことです。そのために大切なのは「毎日」「英語に触れる」習慣を持つことです。

そこでおすすめしたいのは、あなたがストレスを感じない優しさ重視の英会話教材を活用し、1日15分程度、無理のない範囲で毎日英語を触れる時間を作ることです。

簡単な英会話教材でも、一度すべてを聴き終えて内容をクリアできれば、それが大きな自信につながります。

「自分でもできた!」

「英語が少しわかった!」

この感覚が、苦手意識を克服していくために大切なポイントになります。苦手意識が変われば世界が変わります。「もっと英語を覚えたい!」という気持ちになります。

それによってだんだんとステップバイステップ。無理なく上達するために、学習のレベルを上げていくことができます。

この意味で大切なのは、ともかく無理をしないこと。かんたんな英語でもいいのです。

「聞き取れた!」「分かった!」

という喜びを実感するために、まずはともかく無理をしないこと。リスニングすることに慣れること。これが大切です。

最後に

実を言うと、私自身も英語に超苦手を意識を持っていました。原因は中学1年の頃の英語の成績です。

みんなが1学期の成績表を見てドヤ顔しているなかで、私はこっそりガッカリしていました。そして「英語は難しいなぁ。。。」と悩んだことを今でも時々、思い出します。

でも今なら分かるのですが、それはあくまで自分の思い込みで、英語への取り組み方を変えれば、結果を変えることはできるのです。

そこで大切なのが意識です。「英語は苦手」という意識を持っていると、それに足を引っ張られます。特に、英語で挫折してしまう初心者の方の多くは、それを自覚しているしていないに関わらず、苦手意識を心のなかに抱えている傾向があります。

でもご安心を。その意識は必ず変えることができます。なのでまずはあなた自身が、英語へのハードルを上げないでください。まずはかんたんなことから始めていいのです。そして少しづつ、変化を起こしていきましょう。

このページの情報があなたの参考になれば幸いです。

若葉マーク これなら挫折しない!超初心者の方も安心の英会話教材まとめ

あわせて読みたい

英語が全く分からない原因は何?解決策は「中学英語」の徹底復習!

英会話を始めるならここに注意。失敗の原因になる5つのこと

ビジネス英会話を着実に習得する5つのステップ

<<英語のリスニング学習法に戻る