初心者のための英語1日15分リスニングのすすめ

リスニング中の男

「ネイティブの英会話がすらすら理解できる」

そんな英語耳を育てるには聞き取りからスタートするのが定石。そのためには、まず英語を聴く習慣を持つことが大切です。

英語は言葉。普段から英語を聴き、話すトレーニングをしてこそ、英語を使いこなせるようになります。

しかし、私達日本人は、英語を聴く環境は絶対的に不足しています。私達自身が環境を作らない限り、日常生活で英語を聴く機会はありません。

そこで、毎日、1日の生活でどれだけリスニングを習慣にすることができるかが、上達のポイントになります。

まずは15分から

とはいえ、これから英語を始める初心者の方が、毎日1時間2時間もリスニングする必要はありません。

もちろん、毎日2時間もリスニングできれば最高です。上達は絶対に速くなることでしょう。

ところが、現実的に1日に何時間も英語を聴く時間を確保するのはなかなか難しいことです。

それに、慣れていない初心者の方がいきなりそんなハイペースで頑張っても、途中で嫌になってつまづいてしまうリスクがあります。

だからこそ無理は厳禁。まずは出来る範囲で出来ることをしていけばOK。あくまで無理のない範囲で続けていきければ、それで大丈夫です。

では具体的にどうすればいいか?

初心者の方にとくにおすすめなのは、1日15分のリスニングトレーニングから始めることです。

ポイントはこの2つ

なぜ15分かというと、理由は2つあります。

1つは、どんなに忙しくても、15分くらいの時間なら、努力すれば作れること。

もう1つは、英語に慣れていないうちの長時間リスニングは、集中力の面でトレーニングが大変だからです。

長時間無理にリスニングしようとするより、短い時間で集中した方が、すっきりします。

また、リスニング教材を使う場合、15分ほどあれば、少なくとも2~3回は同じトラックを数回聴くことができます。

英語は繰り返しリスニングすることで力がついてくるので、15分の集中リスニングは効果的な学習になります。

無理に浅く広くリスニングするより、1つのトラックを集中して繰り返した方が、効率よく能力を高めることができます

そこで1日15分、勉強する教材を決めて、繰り返し同じトラックをリスニングすることをおすすめします。

このとき、ネイティブのアクセントをまねて、正しい英語を練習するのがコツです。

1日15分の理由

1・英語の音を聴くことに慣れることができる。

2・リスニングの習慣を作ることができる。

関連記事

英会話上達の極意は習慣づけ。英語を学ぶ習慣を持つことこそ上達の王道

英語を聴く工夫をする

普段、自宅であまり英語を勉強する時間を取れない方は、外出中のスキマ時間の活用がオススメです。

・車を運転するときにオーディオでリスニング教材を流す

・通勤電車の中で、ポータルCDプレイヤーを使ってリスニングする

という具合に、英会話教材を電車や車などで使います。

私も、20代後半の仕事が忙しかった頃、朝4時30分起きで6時に家を出る生活をしたことがあります。

そのときは自宅で英語を勉強する時間がほとんどありませんでした

そこで、通勤中の電車で英会話教材を聴いていたのですが、自分の耳が育っていくのを実感。小さなことでも、継続すると大きな力になることを知りました。

忙しい日々のなか、ちょっとした工夫をすることで、1日の飽き時間が効果的な英語学習時間になります

短い時間でかまいません。

毎日、リスニングを続けることができるよう、環境を作り、トレーニングできるように工夫してみてはいかがでしょうか。

関連記事

英語スキマ時間勉強法のすすめ

最後に

以上、1日15分、英語を聴くことの意味とポイントをご紹介しました。

大切なのは、無理なく続けていくことです。

いろんな上達のノウハウを実践し、効率的に上達することも可能ですが、最終的に英語は、続ければ続けるほど、努力が結果を裏切らない世界です。

この意味で、最初から1日2時間3時間頑張って、途中で挫折してしまうよりも、1日15分でも、細く長く、続けていくことが大切です。

これから英語に取り組む初心者の方は、ぜひ、無理なく続けるスタンスを大切にしてみてください。

すぐに大きな変化を実感することはできないかもしれませんが、1年3年5年。時間とともに、続けることそれ自体の大切さが実感できます。

この記事が参考になれば幸いです。

若葉マーク この英会話教材で英語耳を育てる!初心者のためのリスニング教材

あわせて読みたい

リスニングで英語の発音を覚える

精聴と多聴をバランスよく

英語耳を作る7つの習慣

<<英語のリスニング学習法に戻る