ポイントは日本語+α。バイリンガルとは

子ども

バイリンガルとは、2つの言語を話す人のことです。

いわゆる多言語話者 (multilingual)で、一般的に二ヶ国語を話す人をバイリンガルと呼びます。

例えば、日本語と英語を話す人、ドイツ語とフランス語を話す人という具合です。

日本社会ではバイリンガルは珍しい?

日本の場合、ほとんどの人が日本語だけ話す単一言語(モノリンガル)社会で、バイリンガルは少数派ですが、企業の海外進出にともない、状況が変化しつつあります。

一方、海外では2ヶ国語が公用語になっている国があり、バイリンガルは一般的です。

例えばアメリカ。公用語の英語のほか、スペイン語が使われている州もあり(公用語になっている州もあります)、典型的な多言語国家です。

他の例としては、カナダがあります。カナダでは英語とフランス語が公用語になっています(ケベック州の場合、公用語はフランス語)。

カナダでは、イマージョン教育という、独自の多言語教育を実施しており、様々な言語教育が行われています。

バイリンガルになるには

バイリンガルになるには、母国語(日本人の場合は日本語)の他、第2言語(例えば英語など)を身につける生活環境や学習が必要です。

私が身近に知っている例としては、父親がアメリカ人、母親が日本人の子供の例を知っています。

こちらが日本語で話すと日本語で、英語で話しかけると英語で返してくるという感じで、「子供の言語適応力は素晴らしいなぁ」と感動したことがあります。

子供の場合は大人に比べ、比較的第2言語を習得しやすい(その理由はコチラ)と考えられていますが、いずれにせよ、第2言語を習得するための学習や環境が必要になります。

つまるところ、バイリンガルになるかどうかは、環境次第、といったところでしょうか。

あわせて読みたい

英語脳を身に付ける

ネイティブスピーカーとは

<<英語用語集に戻る