英単語力は英会話力。イディオムとは

単語

イディオムとは熟語・慣用語句のことです。主に、単語の意味だけでは全体の意味が分からない表現が中心です。

例えば、give という英単語。

give は「~を与える」という意味になりますが、イディオムの場合は、

・give in ~ 「降伏する」

・give up ~ 「手放す」

というように、単語のもともとの意味(~を与える)とはかけ離れた表現になります。

このように、イディオムが理解できなければ、正確に英語を訳すことができません。

たとえ英文法が理解できていても、イディオムの知識がないと、英訳がヘンテコになってしまいます。

重要動詞とイディオムの例

下記にまとめてあるのは、有名な動詞とイディオムです。

go 「行く」

・go about ~ 「尽くす」

・go between ~ 「仲裁する」

・go against ~ 「反対する」

come 「来る」

・come off ~ 「手を引く」

・come out ~ 「露見する」

・come over ~ 「寝返る」

take 「取る」

・take over ~ 「引き継ぐ」

・take down ~ 「書き留める」

・take after ~ 「似る」

give 「与える」

・give in ~ 「降伏(屈服)する」

・give out ~ 「発表する」

・give back ~ 「返す」

look 「見る」

・look back ~ 「(過去・思い出を)振り返る」

・look for ~ 「求める」

・look into ~ 「調査する」

それぞれ、イディオムを覚えていないと、意味が分からなくなってしまうので、和訳のときは注意が必要です。

例文+長文を活用する

イディオムの暗記方法ですが、例文や長文を読みながら、具体例で覚えていく方法がおすすめです。

「take off = 離陸する(~を脱ぐという意味もあります)」

というような、意味だけ覚えていく方法だと、覚えにくいし、忘れやすくなってしまいます。そこで、必ず例文とセットにして覚えます

ただ、例文だけで暗記しようとすると結構しんどいので、

①長文を読み(1冊完了する程度)、熟語をストック。テキストの選び方はこちらを参照

②旺文社の英熟語ターゲットシリーズなどで覚えているか確認する

というパターンがおすすめです。

この場合、イディオムだけでなく、英単語も覚えることができます。また、リーディングにも慣れるので、学習を効率よく行うことができます。

ある程度イディオムを覚えることができたら、熟語集で意味をチェック、暗記できたかを確認していきます。

復習することで、記憶が強化されるので、忘れにくくなります。イディオムを覚えるときは、参考にしてみてください。

若葉マーク 本当に英語力が伸びるのは?英会話教材ランキングでチェックする

あわせて読みたい

英単語の覚え方 コツはありますか?

英語のスペルの覚え方

暗記は忘れることを前提に

<<英語用語集に戻る