英会話教材を買う前に知っておきたい英会話教材の良し悪しを見分け方

ここに注目

「英語を話せるようになりたい!」

と思ったら検討したいのが英会話教材ですが、通販で購入できる英会話教材は高価なものもあり、どれを選んだらいいのか、悩んでしまいます。

「やめときゃよかった・・・」

とならないために、購入の際には、情報を集め、慎重に検討する必要があります。

そこでこのページでは、英語関連費用に50万以上使った管理人の個人的な体験から、ハズさない英会話教材の選び方をご紹介しています。

英会話教材の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

これはおすすめできません

まず最初に、「こういうものはおすすめできない」という私のチェックリストをご紹介します。

「煽り」系

教材を販売しているホームページにアクセスしたとき、

「残り○時間○分で販売終了します!」

「お急ぎ下さい!」

「今後の販売再開は未定です!」

など、こちらを煽るような表現がある教材はオススメできません(スクールも同様です)。

必要以上にこちらを煽るところは、おすすめできません。個人的な体験ですが、「購入した後に後悔するケースが多い」とだけお伝えしておきます。

また、人の不安に付け込むような文言がある広告は要注意です。

例えば、「英語ができないと損しますよ」というようなものや、「就職で不利になります、だからこのコースでTOEICアップ!」というような類です。

人の不安や弱みに付け込むような内容は、避けたほうがよいでしょう。

「絶対・100%」系

「これを使えば絶対英語が話せるようになります!」

「効果は100%」

など、過剰な宣伝文句がある教材は、基本的にNGの可能性が高いです。いわゆる誇大広告の類です。

宣伝している内容と、実物の内容が大きくかけ外れている可能性があります。

「いつも値下げ」系

「煽り系」と同じ類の教材ですが、「○日まで半額!」としていながら、期日を過ぎても値下げ価格を表示しているものがあります。

(二重価格、景品表示法に違反する類のものです。)

以上、個人的に気を付けているのはこの3つの類です。このような「ハズすパターン」を知っておけば、「当たりのパターン」を見つけやすくなると思います。

返品率の高いもの

「購入したけど、使えなかった」、もしくは「広告からイメージできる内容から、著しく外れた教材だった」というタイプの商品です。

キャンセルの有無の話は、口コミやネットで探すことができます。

当サイトでも、私が実際に使用した英会話教材の体験談を掲載しているので、良かったら参考にしてみてくださいね。

こういう英会話教材がおすすめです

ここからは、私が教材を選ぶとき、自分にGoサインを出す教材の特徴をご紹介します。全て当てはまることはないかもしれませんが、参考になれば幸いです。

本当にいい英会話教材とは

・復習を意識したカリキュラムになっている

テキストの解説が分かりやすい

・費用対効果がよい

(=値段と内容がつりあっている、もしくは値段以上の価値があると感じることができる)

長期間利用者がいる(ロングセラーやベストセラー)

何年も売れ続けている教材には、必ず理由があります。特に今はネット社会です。悪評が広がればすぐに商品の販売に影響が出てしまいます。

しかも、現在は商品の流行廃りが速いので、人気のない内容は、すぐに販売停止になっています。そんな中、しっかり生き残る教材は、ユーザーの支持を集めている証拠です。

私も、個人的に英語教材をいろいろ購入していますが、売れるものには理由あり。

やはりロングセラーの商品、評判のよいベストセラー教材は、「なるほど」と納得するところが多いです。

英会話教材選びに迷ったら、ロングセラーやベストセラーの教材をが参考になると思います。

実績の有無

官公庁は別として、歴史ある企業で採用されている英語&英会話教材は、その学習効果を期待できるからこそ採用されています。

特に、今のような景気のとき、「使っても効果がない教材」をお金をかけて購入するような企業は少ないと思います。このような経済状態でも、売れ続ける教材は「信頼性が高い」と判断しています。

返金保証の有無

「商品を使って効果がない場合、購入代金を返金します」という保証の有無です。

これは、「教材を本当に気に入った人のみ使って欲しい」という販売者側のメッセージで、内容に自信があるからこそ返金保証を付けているのだと思います。

ただ、一部のアレな業者(「こんな教材はNG」に当てはまる類です)の場合、返金システムがありながら返金がされないケースもありますので、他のチェックリストとあわせて検討するとよいと思います。

対象レベルが明記されている

「こういう人に使って欲しい」という対象レベルが記載されているものは、ユーザーに「このレベルの人には効果がないけれど、こういう人には向いています」というメッセージです。

例えば、対象が初心者なら、英会話教材の内容は初心者向けのニーズをあわせたものになっています。

必要以上の内容は期待できないかもしれませんが、自分のレベルにあわせた内容を学べるので、受講者にメリットがあります。

サポート体制

「サポート=製品保証」という考え方です。独学で学びたい方には不要のサービスですが、これから学習を始められる方や、初心者の方の場合、分からないことがあったときにサポートが役に立つでしょう。

最後に

「英語を頑張りたい」と思ったら、ある程度お金をかけて良い教材を選び、その教材のカリキュラムをこなしていくことで、コツコツと実力を伸ばしていくことができます。

英語へのやる気を活かすために、良い教材と出会い、「英語力が伸びた!」を実感してみてください。その経験が、また次のステップへ進む階段となっていきます。

当サイトでも、評価の高い英会話教材の情報を随時更新していきますので、よかったら参考にしてみてください。

若葉マーク「どんな英会話教材がいいの?」と迷ったらこちらをチェック

あわせて読みたい

英語の通信講座について

費用対効果を検討する

<<英会話教材を探す前に戻る