I love English.になったきっかけ。それがThe Beatlesとの出会い

シェアする

ギブソンのエレキ

英語上達の転機は新しい出会いからの続きです。

中学2年で恩師との出会いにより英語の成績は急上昇。そして中学3年の秋、私の人生を変える決定的な出来事がありました。

それは、The Beatlesとの出会いです。

音楽で出会った英語の世界

それは英語の授業の一環で外国の文化を音楽で学んだときのこと。

サブカルチャーを中心とした授業で、英語の音楽を、生まれて初めて聴きました。その時に出会ったのが、英国出身の名バンド、The Beatlesの「Let It Be」です。

当時の私は15歳。

ピアノのイントロが流れた瞬間、なにか電撃のようなものが、自分の背中を走り抜けたことを、今でも覚えています。

そして曲を聴き終えたときの感動。絶頂感は、とても言葉では表現できないほど強烈でした。この英語の授業で聴いた「Let it be」は、文字通り私の人生を変えました。

初めて「Let it be」を聴いてからというもの、受験生であるにも関わらず、曲を聴きながら英語の歌詞を読む毎日です。

意味が分からない文章は辞書で調べ、発音し、徹底的に真似ました。今思えば、この体験が一番私と英語との大きな縁になったと思います。

今でも、The Beatlesの歌詞を暗唱することができます。このおかげで、自分の英語力が大きくアップしました。

私が「洋楽で英語を勉強する価値がある」と信じる理由

受験生にも関わらず英語の勉強をそっちのけでThe Beatlesのアルバムを聴き込む日々。

その結果、英語の歌詞を覚え、歌うことで、単語や文法が身に付き、結果としてスピーキング・リスニングにも役に立ちました

不思議なことに、受験した某英語重視の私立高での面接での英語インタビューも、The Beatlesの歌で覚えた歌詞を組み合わせて突破。

市販の本で、「The Beatlesの英語は勉強に効果的です!」という内容の本がありますが、これは本当のことだと思います。

The Beatlesの英語は極めてシンプルなので、中学生でも十分に理解することができます。また、歌詞の単語は覚えておくと試験でも役に立ちました。

それに、音楽といえ、英語を聞いて歌うので、結果としてリスニングやスピーキングの能力もアップしました。体で英語を覚える学習になったような感じです。

こうして、幸運なことに、音楽を聴きながら、楽しんで英語を学ぶことができました。これは、英語の授業の何倍も効果的な経験でした。

「楽しい!」は最強の英語上達法

英語の歌詞を手に持ち、音楽を流して英語を聴くと、自然に頭に入り、記憶に残ります。英会話をしていても、無意識に「パッと」出てくるので、不思議なものです。

この体験で、私は英語というものに強い興味を持ちました。それまで、クラスで英語を勉強するだけでは、本当の意味で英語のおもしろさを感じることができませんでした。

英語文化に触れることで、英語は生きた言葉で、それを使いこなすことで、自分の世界が広がるかもしれない、そんな感動がありました。

このような感動体験が、勉強をしていく原動力になると思います。

こうして、私の英語への強い興味は、今日まで続いています。The Beatlesをはじめてとして、私はどんどん英語にはまっていきました。

洋楽で英語に慣れたへ続く

あわせて読みたい

洋楽で英語を楽しく勉強する7つのステップ

洋楽でもっと英語を好きになる!英語名言集【名曲編】

J-POPを英語で聴くメリット&おすすめ曲

<<私の英語体験談一覧へ