英語の数えられない名詞を数える5つの表現

一杯のお茶

英語の名詞には、1つ2つと「数えることができるもの」と、「数えることができないもの」があります。

数えることができる名詞を可算名詞と言います。そして、数えることができない名詞を不可算名詞と言います。

このページでは、「数えられない」英語の名詞を数えるための5つの表現についてまとめています。

難しい話はいろいろありますが、まずはこの5つを覚えておくと英会話でも使う機会があるでしょう。

a cup of~=一杯の飲み物(熱い)

a cup of coffee=一杯のコーヒー

a cup of tea=一杯の紅茶

など、「熱い飲み物」のときはa cup of ~を使います。

a glass of ~=一杯の飲み物(冷たい)

a glass of water=一杯の水

a glass of milk=一杯の牛乳

など、「冷たい飲み物」のときはa glass of ~を使います。

a slice of ~=一切れの(薄いもの)

a slice of pie=一切れのパイ

a slice of bread=一切れのパン

など、「薄いもの」や「切れるもの」にはa slice of ~を使います。「切れないもの」にa slice of ~は使えません。

a piece of ~=一切れの(かけら)

a piece of cake=一切れのケーキ

a piece of chocolate=一かけらのチョコレート

a piece of ~の場合は、candy(キャンディ)のように「切れないもの」に対しても使うことができます。

a sheet of ~=一枚の

a sheet of paper=一枚の紙

two sheets of paper=2枚の紙

「不可算名詞の紙」はこのように a sheet of ~、two sheets of ~を使って数えます。

まとめ

英語の名詞には、1つ2つと「数えることができる」可算名詞と、「数えることができない」不可算名詞があります。

数えられない名詞については、

a cup of ~

a glass of ~

a slice of ~

a piece of ~

a sheet of ~

といった表現を使うことができます。何をどの表現で使うかをイメージしてストックしておくことがポイントです。

最後に

以上、「数えられない」英語の名詞を数えるための5つの表現についてご紹介しました。

こちらでは覚える必要があることを絞っていますので、初めての方はまず、ここのポイントだけ意識してみましょう。

特に、飲み物(コーヒーや水)や食べ物(パンやケーキ)といった日常に関わる表現は英会話でも使う機会が多いでしょう。

表現を覚えて、セットで話せるように覚えておくことが大切です。ぜひ参考にしてみてください。

若葉マーク 英語を話せるようになりたい初心者の方注目!人気英会話教材まとめ10選

あわせて読みたい

6ヶ月で脱初心者する英語の基礎講座

初心者が最速で「英語が話せた!」が実感するパターン英会話のすすめ

「英会話を独学でマスターしたい」と思ったら読むページ

<<超初心者のための中学英語やり直し講座に戻る