キャピタライゼーションルールとは?


アルファベット

英語のタイトルや見出しを書くとき、大文字か小文字か、迷ってしまうときがあります。そんなときの判断基準がキャピタライゼーションルール(capitalization rules)。

キャピタライゼーションルールとは、英文のルールのこと。(キャピタライズ=単語の最初のアルファベットを大文字にすることです。)

タイトルや英文の見出しを書く時はこのルールにしたがって、大文字で書くのか、それとも小文字で書くのかを決めます。

基本的には、次の3つです。

1・タイトルの最初と最後の単語の先頭を大文字にする。
2・名詞、代名詞、動詞、形容詞、従属接続詞、副詞は必ず大文字にする。
3・冠詞、等位接続詞、前置詞や不定詞のtoは小文字にする。(前置詞の場合は5字以上の場合は大文字にする。)

文法用語ばかりで難しいですが、具体例を書くとこのようになります。

従属接続詞
→although、once、since、that、until、whenなど

冠詞
→a、an、the

等位接続詞
→and、but、or、not、yet、for

キャピタライゼーションルールの基本的な考え方は、センテンスの各英単語の頭を大文字にすること。

例)
Little Red Riding Hood
Star Wars

しかし、冠詞や前置詞など、大文字にしないものもあります。(上記のルールを参照。)

例2)
・The(文章の頭なので大文字) Lord of(前置詞なので小文字) the(冠詞なので小文字) Rings
・The(文章の頭なので大文字) Tortoise and(等位接続詞なので小文字) the(冠詞なので小文字) Hare

キャピタライゼーションルールには他にも細かいルールがありますが、「英単語の頭は大文字にするが、一部の単語の頭は小文字のままにしておく」と理解しておけば大丈夫です。

キャピタライゼーションルールを理解しておくことで、イティングの世界が広がり、ネイティブライクな英文が書けるようになります。まずは、ルールを意識して、英文を書いていくことが大切です。

若葉マーク「英文法をやり直したい!」というときに注目したい教材

関連情報
英作文の勉強をする前に知っておきたいこと

<<英語用語集に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする