オーバーラッピングの意味を解説。これができれば英語ペラペラ?

私が解説します

独学で英会話を練習する。そのための方法がこちら。

オーバーラッピングとは、聞こえた英語に自分の声を重ねてトレーニングする、スピーキング練習法の1つ。

CDを使ってやるのがポピュラーですが、自分の声をCDの英語とピタリと合わせる必要があるため、結構難易度は高い練習法です。

イメージ的に、シャドウイングの上級版というイメージですが、具体的にはどんなことをするのか?

その手順がこちらです。

オーバーラッピングの手順

1・英会話教材を用意する(選び方は下記参照)

→練習用の教材を準備します。

2・予習のために教材のCDを何度も聞く

→CDをリピート再生し、英語を確認します。

3・シャドウイングする

→CDにあわせてシャドウイングをし、英語をきちんと復唱できるようにします。

4・安定してシャドウイングできるようになったら、オーバーラッピングに。その前に音読してフレーズを暗記しておく。

→シャドウイングに慣れたらオーバーラッピング。スラスラ英語を口に出せるようになることを目標に練習します。

5・実践。タイミングが揃うまで、何度も繰り返し練習するのが重要。

→正確にCDの英語に発声を合わせられるように練習します。

初級者の方はここに注意

英会話教材の英文を見て、CDを聞き、イメージを理解しておくことが大切です。

もし、「難しい・・・」と感じたら、無理にオーバーラッピングをやる必要はありません。別の教材に変えるか、とりあえず保留、別の練習を行います。

オーバーラッピングを上手くやるために、短文ごと、段落ごとという具合に、小さなまとまりで練習を区切ってトライしていきます。

そして、何度も繰り返し、英語のタイミングを体感し、マネしていきましょう。

オーバーラッピングを効果的に行うための英会話教材

英語が苦手な方、初心者の方なら、スロースピード中心の英語でトレーニングができる英会話教材が販売されていますので、それを使い、着実にレベルアップしていくのがオススメ。

自分の声と、CDの英語がピッタリ合うようになってくれば、いろんな英会話フレーズを自分のモノにでき、英語力も格段にアップしていきます。

オーバーラッピングは一人でスピーキングトレーニングをするなら、ぜひ取り入れたい練習法です。上手くできるようになれば、上達をグングン実感できるかも。

まとめ

オーバーラッピングは独学でできるスピーキング練習法です。

シャドウイングよりは難しいですが、完璧にできるようになれば、練習の効果を実感。英語を話す力がアップします。

音読やシャドウイングなどのトレーニングを組み合わせつつ、仕上げにオーバーラッピング。

丁寧かつ効果的に英語を独学で話せるように練習したい方は、取り入れてみてはいかがでしょうか。

若葉マーク 簡単な英語を話せるようになりたい方におすすめの英会話教材

あわせて読みたい

英会話独学者のための実践的トレーニング法

英語のスピーキングが上達する3つのポイント

初心者が知っておきたい英会話習得の原則

<<英語用語集に戻る