英語のリスニングで「何度やってもできない」と悩んだら


英語を聞く

「初心者。少しでも聞き取れるようになりたいと思って、教材を使って練習。」
「でも、英語が思うように聞き取れない・・・」
「CDを流して、何度やっても、リスニングが上手くいかない・・・」

英語を勉強していてぶち当たるのが、「英語が聞き取れない」という悩み

英語は日本語と全く音、リズムが違うので、慣れないうちは、「何度やってもリスニングできない・・・」と悩んでしまうことも。

英語が苦手で、思うようにリスニングができない。簡単な英語でも、ナチュラルスピードで聞き取ろうとすると、全く耳がついていかない。

そんなときは、思い切って教材を変えて、スロースピードの優しい英会話教材で練習してみるのも一つの方法です
簡単な英語をリスニングして自信をつける
このページで書いた通り、一般的に、英語のリスニングトレーニングは、ナチュラルスピードの英語で何回もリスニングするのが効果的です。

ですが、何度挑戦しても上手くいかなくて、「何度やってもできない、英語が聞き取れない・・・」と悩んでしまうなら、簡単なものからやり直して、自信をつけていく方が良いと思います。

簡単な英語でも、それが上手く聞き取れるようになってくると、英語をリスニングすることが苦痛でなくなってきます。

どんなにゆっくりの英語でも、「聞き取れた!」という経験が、自信になっていきます。

そこで、「英語が聞き取れない、何度リスニングしても上手くいかない・・・」とお悩みの初心者の方は、スロースピードの簡単なものから、練習をしていくのが良いかも。

初心者の方に特化した英会話教材なら、英語がゆったり目、聞き取りやすい英語で練習することができます。

1・ゆったりのスロースピードの英語を聞く。

2・口に出して真似てみる。

この1&2の手順で練習を繰り返していくうち、耳が英語に慣れてきます。

スロースピードなら、英語が苦手でも、何とか聞き取ることができます。

上達の効率の面では、良いとは言えないかもしれませんが、「英語が聞き取れない!」と悩んで、やる気をなくしてしまうよりは良いと思います

まずは、「英語が聞き取れた!」という体験をして、英語への苦手意識を変えていくことが大切です。

コツコツ自分のペースで
英語は一日にしてならず。

急がば回れ、ゆっくりマイペースに挑戦。大切なのは焦らずに英語に慣れていくことです。

毎日教材で英語をリスニング、あなたのペースで英語の音に慣れていけばOKです。

日々英語に触れていけば、徐々に耳が英語の音に慣れていきます。

続けていれば変化が起こります。前より「英語を聞き取れた!」と実感できる機会が増えてきます

それに気がつき、徐々に英語に触れる量を増やしていけば大丈夫。

「英語が苦手。」
「何度教材でリスニングしても、聞き取れない・・・」
「何度やってもできない・・・」

とお悩みの方は、参考にしてみてくださいね。

若葉マーク初心者でも安心!優しく英語が学べる英会話教材まとめ

関連情報
英語を聞いても理解できない&集中できないとき

<<英語のリスニング学習法に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする