英文を見ながらリスニングする方法

英文を読む

英会話の初心者向けリスニング学習の実践ステップ1です。

このページでは、英文を見ながら同時に英語を聞き取っていくシンプルな勉強法について具体的にご紹介しています。

初心者の方でも実践しやすいよう、トレーニングは簡略化しつつも、効果的に練習できるようになっています。

次のエクササイズを、下記の手順1~6の順に行います。用意するのは、テキスト&CD付きの英会話教材だけです。

英語を聴き取れるようになりたい初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

このトレーニングの目的・効果など

英語を聴くことに慣れること。

文字と音を一致させることで、音読練習の際の発音力のアップや、基礎的なリスニング力の育成を目指します。

リスニングすることに慣れていない方、初心者の方は、英語を聴くことへの抵抗感があると思うので、まずはその壁を取り払います。

加え、日本人学習者の場合、文字で英語を理解することに慣れている方が多いので、学習の初期段階では、耳と目、両方を活用した方がよいでしょう。

耳で英語を聴き、英文を目で確認することで、意味も理解しやすく、リスニングへの抵抗感も軽くなっていきます(自分が理解できる英文は聞き取りやすくなります)。

手順1・2~3回リスニングする

最初に英語をリピートしてリスニングします。

そこで内容がほとんど分からない場合は、手順2からスタートしてもOKです。

手順2・テキストを開き、音声にあわせて英文をリスニングする

このとき、ムリに英文の意味を理解する必要はありません。

大切なのは流れる英語に遅れず、きちんとテキストの英文を目で追っていくことです。

手順3・聞き取れなかったところ、意味が分からない英文の意味を確認する。

CDをストップし、テキストの英文を自分で読み、内容を理解します。

このときに返り読みはせず、英語の語順を意識するとより効果的です。

手順4・再度CDを再生、テキストを見ながらリスニングする

ここが重要です。最初に英語を聞いたときよりも、理解度がアップしているかどうかをチェックします。

手順5・テキストなしで英文を2~3回聴く(復習とまとめ)

最後の仕上げです。今度はテキストなしで、耳だけで英語を理解します。

手順6・翌日に復習する

覚えた英語を忘れないため、再度同じトピック、トラックを再生し、練習した内容を復習します。

練習内容は、手順1〜5と同じです。

学習の目安など

1回にこなす時間は、30分くらいです。

目安として、学習した内容の70%くらいが理解できれば十分です。必要に応じて、聞き取れなかった英文を和訳したり、音読するとより効果的です。

ポイントは、1回1回の学習を完璧にやろうとしないことです。

おおよその内容が理解できて、リスニングできるようになればそれで十分です。そしておすすめなのは、この練習をした翌日にきちんと復習をしておくことです(手順6)。

こうすることで、トレーニングした内容が身につきやすいだけでなく、忘れにくくなり、急がば回れ。

無理なく着実にリスニング力を伸ばすことができます。

最後に

初心者の方が英語を聞き取れるようになるために大切なのは、文字と音を一致させ、理解することが必要不可欠。

このために効果的なのが、このページでご紹介している練習方法になります。

基本的にテキストを見ながら英語をリスニングするので、初心者の方でも自分のペースで取り組むことができます。

初めて方は、上記でご紹介した手順1〜6を実践していくことで、だんだんと英文を見なくても英語がそのまま、理解できるようになります。

無理なくリスニング力を着実に高めていきたい初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

若葉マーク 「英語が分かる!」耳を育てる – 使えるリスニング教材

あわせて読みたい

初級レベルでは日本語を上手に取り入れる

精聴と多聴をバランスよく

なぜナチュラルスピードが効果的なのか?

<<英語のリスニング学習法に戻る