英文を見ながらリスニングする

英文を読む

英会話の初心者向けリスニング学習の実践ステップ1です。CDを聴きながら、英語を聞き取っていくシンプルな勉強法です。

次のエクササイズを、下記の手順①~⑤の順に行います。用意するのは、テキスト&CD付きの英会話教材だけです。

このトレーニングの目的・効果など

英語を聴くことに慣れること。文字と音を一致させることで、音読練習の際の発音力のアップや、基礎的なリスニング力の育成を目指します。

リスニングすることに慣れていない方、初心者の方は、英語を聴くことへの抵抗感があると思うので、まずはその壁を取り払います。

加え、日本人学習者の場合、文字で英語を理解することに慣れている方が多いので、学習の初期段階では、耳と目、両方を活用した方がよいでしょう。

耳で英語を聴き、英文を目で確認することで、意味も理解しやすく、リスニングへの抵抗感も軽くなっていきます(自分が理解できる英文は聞き取りやすくなります)。

手順①

2~3回リスニングする

もしも内容がほとんど分からない場合は、手順②からスタートしてもOKです。

手順②

テキストを開き、音声にあわせて英文をリスニングする

このとき、ムリに和訳する必要はありません。テキストの英文を目で追っていくイメージです。

手順③

聞き取れなかったところ、意味が分からない英文の意味を確認する

この際、返り読みせず、英語の語順を意識するとより効果的です。

手順④

テキストを見ながらリスニングする

手順⑤

テキストなしで英文を2~3回聴く(復習とまとめ)

学習の目安など

1回にこなす時間は、30分くらいです。

目安として、学習した内容の70%くらいが理解できれば十分です。必要に応じて、聞き取れなかった英文を和訳したり、音読するとより効果的です。

ポイントは、1回1回の学習を完璧にやろうとしないことです。

おおよその内容が理解できて、リスニングできるようになれば、それで十分です。そして、2日に1度復習できれば理想的です。

「英語を聞き取れるようになりたい!」

という初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

注目

「英語が分かる!」耳を育てる – 使えるリスニング教材

あわせて読みたい

初級レベルでは日本語を上手に取り入れる

精聴と多聴をバランスよく

なぜナチュラルスピードが効果的なのか?

<<英語のリスニング学習法に戻る