ホーム > 私の英語体験談 > 英語ができてよかったこと

実利+メンタル面、英語ができれば人生はもっと面白い!


OKポーズを取る女性

私が英語を勉強していて「よかった!」と感じたことです。

英語を学ぶことは、就職活動など、実利的な意味もありますが、それよりも、もっと大きな満足感があります。

特によかったと感じたことは、次の通りです。自分の生活が精神的な面で豊かになり、行動範囲、物の考え方が広がりました。

海外旅行へ行くとき
私は旅行が大好きです。個人旅行で何度も海外に行ったことがあります。

主にEU圏ですが、英語が通じます。言葉が通じるというのは楽しいもので、現地の人と英語で会話を楽しむことができます

また、個人旅行はツアーのように行動を制約されることもないので、いろいろな場所へ気ままに行けます。

ドイツのハイデルべルグのパブへ行ったとき、生バンドの演奏を聴きながら、イギリスの人と英語で話をして、楽しむことができました。

海外へ行って、現地の人とコミュニケーションを取る。ここが個人海外旅行の魅力の1つですが、言葉が通じないと不安になるので、当然自由な行動ができません。

しかし、英語ができれば話は別。「言葉が通じる、英会話ができる」という安心感があれば、どんな場所でも行くことができます。

英語ができる=自分の可能性を広げることができるのは間違いありません。

洋画をもっと楽しめるようになったこと
英語の字幕なしでハリウッドの映画を楽しむのも、英語力あってこそのもの。

字幕付きの洋画は、それはそれで楽しいのですが、字幕なしの場合、役者の表情や台詞の言い方などを見る余裕ができます。

字幕を追っていると、役者の演じ方まで観る余裕がありません。この点、日本語字幕なしで映画を観ると、新鮮さがあります。

日本語字幕なしでも、洋画を楽しめるのは、映画好きにとっては大きな喜びです。

ネットの世界が広がる
多分、日本にいながら一番英語の力を実感できるのはネットだと思います。

ネットの場合、英語で書かれたウェブサイトがほとんど。情報を得るためにいろんなサイトを閲覧するわけですが、英語ができると幅が広くなります。

また、フェイスブックやtwitter、ブログなどで、海外の人とも気軽にコミュニケーションをとることができます。

英語を使っていろんな海外の人とコミュニケーションをとることで、英語がまさに異文化交流のツールであることを実感します。

「英語?別に話せるようになる必要ないし」という場合でも、英文の読み書きができれば、ネットを通じて、世界を大きく広げることができるでしょう

洋楽の名曲がより心に響く
英語の歌を聴く場合、最初歌詞カードと和訳文で意味を確認するわけですが、リスニング力と英単語力がついてくると、わざわざ歌詞を見なくても、歌を聴くだけで意味が分かります。

ダイレクトに歌が伝えようとすることが理解できるので、直球で心に響きます。日本語の歌が心に響くように、英語の歌も直球で心に響いてくる。新鮮な体験です。

原書が読める
私にとってはこれが嬉しいです。日本では翻訳されていない本を読めるので、とても勉強になります。

アメリカのベストセラーはしばしば日本で翻訳されて登場しますが、枚数の関係などで、しばし原書の内容に変更を加えたものが出版されていることがあります。

今ならAmazonやThe Book Depository(イギリスの洋書通販サイト)を使えば気軽に洋書を購入できるので、興味がある分野の本を楽しむことができます。

最後に
大人子ども問わず、私達日本人にとって、英語は身近なものになりつつあります。

子どもは小学校から英語を、大人は就職試験に始まり、仕事のために英語を勉強する機会は昔より格段に増えています。

「英語を頑張ろうかな」と思う人が増えている今の時代だからこそ、「英語を勉強してこんなに楽しくなったよ」ということをあなたに知ってほしいと思い、この記事を書きました。

英語を勉強していくことは、なかなか骨の折れる作業です。時間もかかります。しかし、その先に、新しい世界が広がっていくことは自信を持ってお伝えすることができます。

英語を学ぶことは世界を広げること。参考になれば幸いです。

若葉マーク「英語を頑張ってみようかな」と思ったら参考にしたい英会話教材

関連記事
やる気のでる英語名言集A【名曲編】
英語という投資

<<私の英語体験談一覧へ

スポンサードリンク