ホーム > 用語集 > リプロダクション

【お役立ち用語集】英語の話す力と聞き取り力を鍛える方法。リプロダクションとは


伝言ゲーム

リプロダクションとは、スピーキングと聞き取りを強化するための学習法です。

リスニングするとき、聞き取るセンテンスの長さを自分で決めて、聞き、覚え、話してみる方法です。

例えば、1センテンスや5センテンスなど、自分でリスニングする長さを決めます。

そして、英文を聞いて覚え、口ずさみます。区切り区切りで英語を聞き取り、自分で話してみる学習法です。

スポンサードリンク


リプロダクションの方法
シャドウイングは、英語にあわせて、流れを止めずに聞き取ったセンテンスをどんどん話していく方法ですが、リプロダクションは自分でペースを決めることができます。

例えば、リスニングする素材の難易度にあわせ、

「これは簡単だから5センテンスでいこう!」
「これは自分にとって難しいから、1センテンスごとにいこう!」

というような感じで、マイペースに練習することができます。この点、リプロダクションは、初心者の方でも取り組みやすい学習法です。

「英会話ができるようになりたい、でもシャドウイングは少し難しいかなぁ」という方は、まずリプロダクションで練習する方が効果的かもしれません。

方法は次の通りです。

STEP1・リスニング素材を用意する

STEP2・CDをかけ、自分が決めたセンテンスごとに聞き取りを行う

STEP3・聞き取りができたらCDプレイヤーの一時停止ボタンを押し、CDを止める

STEP4・聞き取った英語を口に出して言ってみる

STEP5・再度CDをかけ(巻き戻しで)、間違っていないのかを確認する

これがリプロダクションの基本的な学習方法になります。

もしもリスニングした英語をスムーズに口に出せるなら、シャドウイングの方がよいと思います。

学習を効果的にするには
リプロダクションを試したい方、特に英会話初心者の方は、次の点に意識して練習すると、より学習がスムーズになると思います。

自分のリスニング力を知り、聞き取りやすい教材を選ぶ
リプロダクションは、英語を聞き取って、それを覚えておく集中力が必要です。

そこで、自分のリスニング力にあわせた学習素材を選び、集中して聞き取りをする時間を作ります(英会話教材の難易度別比較はこちら)。

難しすぎる教材を選んでしまうと、「英語を聞き取りはできるけど、口に出して言えない!」という状態になる可能性があります。

リプロダクションは、聞き取ったセンテンスを自分で話すことに意味があります。

なので、英会話初心者の方の場合は、「これくらいならできそうだ」と思える、簡単なリスニング教材がおすすめです。

例えば、日常英会話が中心の内容だと、初心者の方でも比較的かんたんに英語を聞き取ることができると思います。

リプロダクションは積み上げ式にコツコツやることで、効果がジワジワと出てきます。

そこで、長く続けられそうな、簡単な内容がベターです。少し「かんたんかなぁ」と思えるくらいの教材がちょうどよいと思います。

15分〜30分の集中できる時間を持つ
次に大切なのが、集中してリプロダクションをすることです。ながらでやってもあまり効果はないので、できれば毎日、同じ時間に集中してやると効果的です。

目安としては、フレーズを暗記してしまうくらい、繰り返しやることです。そのためには、ある程度邪魔の入らない集中した時間を持つ必要があります。

忙しい方は、毎日15分、1日5センテンス程度でかまいません。

それを完璧にできるくらいリプロダクションの練習をします。こうすることで、自然に聞き取ったフレーズを暗記できると思います。

すると、英会話をしているときに、「フッ」と口から出てくる瞬間に出会えます。どんなに短時間でも、繰り返し練習していると、じっくりと効果が出てくるはずです。

若葉マークリスニング力アップ!英語耳を育てる厳選英会話教材

関連情報
シャドウイングで集中力を
リピーティングとは
ディクテーションとは

<<英語用語集に戻る

スポンサードリンク