You’re missing the point. – 英会話 1日1フレーズ【No.137】

そこは間違っていますよ

【シチュエーション】

ヒュー・グランド&ドリュー・バリモア主演のポップ系ヒューマン映画『ラブソングができるまで』より。

ポップスターだったアレックスは、今や過去の人。そんなアレックスが、人気の美少女シンガーから新曲の作曲を依頼されることに。

作詞家のグレッグの歌詞をもとに、曲作りを始めるシーンより引用。

Greg: No. Start on a minor third. Try that.

ダメだ。キーはマイナーサードで。試してみろ。

Alex:Right. Give it up, I’m a bad hot witch I look real good, but I’m a
nasty …

拍手をどうぞ、私は悪い魔女。美しいけど危険な・・・

Greg:Come on. You’re missing the point.

ダメダメ、分かってない!

このフレーズに注目!

You’re missing the point.

あなたはポイントを見逃しています。→要点が分かってないですね。

That’s not the point.でもOK。

多少辛口なような気もしますが、相手が話の要点が理解せず、「そこはズレすぎだろ!」という間違った理解をしているときに使うとよいかも。

英語ではきちんと、自分の意見を正確に伝えることが大切です。

だからこ自分の意見がきちんと伝わっていない場合。ニュアンスが間違って伝わっている場合。伝えたいポイントを理解してもらっていないとき。

この英語できちんとそれを指摘することが大切です。

映画『ラブソングができるまで』について

かつての有名スターだったアレックス。そして、大きな才能がありつつもそれを発揮することを恐れている「プラントガール」ごとソフィー。

2人の男女が過去を克服し、そして未来を作っていく物語が『ラブソングができるまで』です。

ユーモアを交えつつ、過去の克服というシリアスなテーマが織り込まれている映画で、観終わったあとはまさしく、前へ進んでいく。

未来に向けてワクワクできる素晴らしい映画です。

引用した会話は映画の冒頭。アレックスが作詞家と新曲に取り組もうとしているシーン。ここでソフィーが登場、ここから2人の名曲作りが始まります。

興味が湧いた方はぜひ、映画をチェックしてみてください。

このページの英語表現

witch = 魔女

このフレーズもどうぞ

You think so?

そう思う?

<<No.136へ英会話 1日1フレーズ【No.101~150】へNo.138へ>>

若葉マーク 初歩から英会話にチャレンジできる優しい教材まとめ