英語はなぜコツコツが最強なのか?

飲み屋

先日、英語関連のイベントでとある人と話していると意気投合。

それで飲みに行って「どうやって英語を勉強したんですか?」とかいろいろ話していたのですが、その話がとても印象的でした。

その方は学生時代はあまり英語を勉強しなかったそうで、あまり興味もなかったそうです。

でも、社会人になって、留学に興味を持ち、英会話スクールに入り、自分で目標を決めて、コツコツ英語を勉強。

独力で英検2級を取得、今は準一級を目指して、コツコツ頑張っていて、それがとても楽しいそう。

結局、留学はしなかったものの、今は英語をコツコツ勉強するのが楽しいそうで、マイペースに、コツコツやっているそう。

ネイティブの知り合いもいて、LINEも英語でこなせるレベル。なんだかいいなと思いました。

結局、楽しいから続く

英語を上達するための方法、ノウハウはいろいろあると思いますが、やっぱり、どんなノウハウを参考にするにしろ、続けることに勝ることはないと思います。

英語を話せるようになりたい。

少しでも上達したい。

だから続けよう。

結局は、この気持的な部分、意欲というかやる気というか、そういうものが、英語上達の上では一番大切なところなのかもしれません。

好きこそものの上手なれ、「もっと」という気持ちが、努力することを忘れさせてくれます。

自然と知りたい、上手くなりたいから勉強する。だから楽しい。頑張っている気がしないで、自然に英語が上達していく。

そういうものなのかもしれません。

自然と英語を続けるために

英語を勉強するにしろ、根性論とか努力論だけではダメで、楽しい、面白い、ワクワクする、そんな要素が必要なのかも。

英語の文法を暗記していくのもそれはそれで勉強ですが、

・洋画で英語を観る

洋楽を聴く

・英語のイベントに出かけていって英語好きの知り合いを作る

など、勉強以外の別のことも大切だと思います。

特に、英語が好きな人、英会話を勉強している人と知り合うのは、「私も頑張ろう」というやる気になります。

そんな感じで、英語を続けていくためには、人から刺激を受けるのも、とても大切なことだと思います。

自分で頑張って、いろんなところから刺激を受けて英語を続けていく。

英語は独学でも頑張れますが、自分なりの英語の楽しみ方を見つけることが、長続きの秘訣かもしれませんね。

若葉マーク これなら安心!初歩の初歩から優しく学べる英会話教材まとめ

あわせて読みたい

「英語を本気で頑張ってみたい!」と思ったら英語ジムに注目する理由

英会話スクールのグループレッスンのこんないいところ

英語ができる人は自分のやり方を見つけた人