有名私大に一発合格するために押さえたい受験英語対策の考え方

ここが重要ですよ!

私は大学時代、塾の講師のアルバイトをしていました。

小学生から中学生、幅広い層を教えてきましたが、一番メインだったのは、高校3年の受験生です。

大学在学中は、センター試験対策や志望校の赤本など、受験英語を生徒に教えていました。

このページで、その時の体験や、私自身の受験体験で学んだ実践的な情報をシェアしたいと思います。

具体的には、特に有名私立大に合格するための受験英語対策の考え方です。

なぜ有名私立大学に合格するために英語が重要なのか?

大学の受験、特に私立大学の合否を決める一番のキーポイントは、「いかに英語で高得点を取るか」です。

それはなぜかというと、英語の配点が高いから。

多くの大学で、英語の配点が高く設定されています。つまり、英語ができるかできないかが、合否に直結する重要なポイントになっています。

私の受験体験談

私大に限れば、適切な戦略を立て、行動に移せば、偏差値関係なしに、志望校合格は可能だと思います。

あなたが現在、偏差値30~50くらいの状況であったとしても、私大であれば、短期間で偏差値60以上の名門私大に合格することができます。

当サイトは受験サイトではないので、深くは書きませんが、興味がある方は、ネットで「名門私大 最低合格点」と検索してみて下さい。

というのは、私自身が9月の中頃に受験勉強を始め、アルバイトをして働きながら勉強。志望校に一発合格できたからです。

大学受験のために英語を短期集中で猛勉強してわかったこと

どうして、短期間の学習で結果を出せたのか?

働きながらの受験勉強。おまけに受験勉強を始めた時期も9月と出遅れ。にも関わらず、志望校に合格できた。

その一番の理由は、受験において配点の高い英語にウェイトを注いだからにほかなりません。

私の志望校であった同志社大学文学部の場合、英・日本史・国の3科目受験で、英語200点、国語150点、選択科目150点、合計500点という配点になっていました。

3科目受験の場合、国語で勝負がつくことはあまりないので、配点の多い英語と、点を取りやすい選択科目で、いかに高得点を取得することが、合格の鍵になります。

そこで、一発逆転合格のため、まず英語に勉強を集中。努力しても確実に点数が上がるかどうかはわからない国語はとりあえず放置。古文は全く勉強せず完全放置。

そのかわりに勉強すれば確実にスコアが伸びる英語を最優先したのです。この正解が正解でした。

英語で高得点を取るために

近年、英語の受験問題は、長文読解重視の傾向です。英語は読解力と読解スピードがあることが前提です。

例)

・センター試験の英語

アクセントやリスニング、文法問題など、得点しやすい問題があるものの、80分でトータル4,000語近くの英語を読む必要があり。難易度は高くないが、量が多い。

・早稲田大

読解4題、英作文形式の対話文完成1題など。1000語をオーバーする長文が出ることも。

・上智大

速読、精読が必要な長文ほか、幅広い英語力が求められる。難易度はかなり高い。

・同志社大

約800語と約600語の長文読解問題2題、和文英訳を含む会話文問題1題の英文を理解する必要あり。

・関西学院大

様々な出題傾向があるが、3題ほどの長文読解問題あり。

どの大学も、受験生にトーイックやトーフルのようの問題のように、短時間で大量の問題を読める力、つまり精読力と速読力の両立を求めています。

このため、英語で高得点を取得するためには、英単語力や文法力はもちろん、読解力と速読力、総合的な英語力を高める必要があります

小手先の対策は意味をなしません。英語は王道的な学習が一番です。

逆に言えば、英語を優先的に勉強してきっちり実力をつけることによって、有名私大に一発で合格することができます。

そのため、私大は英語で合否が決まるということを押さえておくことが大切です。

まとめ

大学受験において英語はとても重要です。配点が高いので、英語でしっかり点数を確保しておくこと=合格の確率アップに直結します。

有名私大のように、受験科目が少ない大学なら、短期集中での逆転も十分有り得ます。

ではそのために具体的に何をどう勉強すればいいのか?

こちらのページでその具体的にその方法をご紹介します。参考になれば幸いです。

大学受験で結果を出す英語のおすすめ勉強法&厳選参考書まとめ

あわせて読みたい

大学受験の英語試験で結果を出す3つのステップ

受験英語は本当にムダなのか?

英語の勉強は自己投資。続けることで人生が開ける話

<<英語&英会話の学習法一覧へ

シェアする

フォローする