英語力アップに地味に効く!ディクテーションとは

紙に書く

ディクテーションとは、音読された英文を紙に書く英語学習法です。

シャドウイングの場合、聞き取った英語を繰り返して音読しますが、ディクテーションの場合、そのまま紙に英文を書いていきます。

リスニング能力に加えて、単語のスペル(つづり)も正確に覚えている必要があります。

最低限必要なもの

ディクテーションを行うために前提となるのが最低限のリスニング力&英単語力=基礎英語力。

英文を聞き取れなければ紙に書くことはできませんし、スペルが身についていなければ、文章にもできません。

つまり、ディクテーションをするには、それなりの英語力が身についていないとできません。

このように、学習が大変ですが、ディクテーションがスラスラできるようになれば、リスニング力は大幅にアップします。

英文を確認すると、スペルが怪しい単語が一目で分かるので、自分の実力把握や、理解度チェックとして効果的です。

また、英語を聞きながら英文を書くことは、とても集中力が必要です。

この点、ディクテーションはリスニング能力のアップはもちろん、集中力も高めてくれる優れた学習方法です。

ディクテーションの方法

まずCD付きのテキストを用意します。

市販されている英語本で自分のレベルに合うテキストを選びます。次に、準備としてシャドウイングをすることをおすすめします。

ある程度、シャドウイングができるようになったら、復習をかねてディクテーションを行います。

英文が聞き取れるのはもちろん、単語のスペルにも注意しましょう。後は、CDを流して、1文1文、英文を紙に書いていきます。

ディクテーションのコツ

ディクテーションを効果的にするには、まずパラグラフごとに行いましょう。一気にたくさんの量をこなそうとすると、途中で集中力が切れてきます。

せいぜい、4~5行程度の文章を一区切りに、一度ディクテーションを行います。それが終わったら文章を確認し、不明瞭な点を確認します。

必要があれば、間違ったスペルを何度も紙に書き出し、復習します。また、4~5分の休憩も取ります。

初心者の方は、ワンセンテンスごとのディクテーションでかまいません。英語の一文ごとに、一時停止を使って、マイペースに進めていきましょう。

そして、少しずつ、無理のない範囲で、繰り返し繰り返し学習します。最初から完璧を目指す必要はありません。

何度も勉強していると、学習している英文が自然とあなたの記憶に定着していきます。

単語の暗記はもちろん、リスニング力もアップしているはずです。根気がいる学習ですが、続けることで英語力のアップにつながっていくでしょう。

ディクテーションについてもっと知りたい方、実践的な練習法については、こちらの記事にてご紹介しています。

スピーキングのためのディクテーション

興味がある方は、参考にしてみてください。

あわせて読みたい

スピーキングのためのテキスト音読法

リプロダクションとは

<<英語用語集に戻る