No offence. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.180】

シェアする

仲直りする2人

No offence.

悪気はないんだ。

敵意がないことを示す英語!

人は言葉によって励まされ、言葉によって傷つく。つまり、言葉は使いようによってはとても厄介な道具となる。

相手に誤解が生じれば、善意で伝えたことも、悪いように捉えられてしまう。だから言葉に対する感性はしっかり磨きあげるのが吉。

自分が発した言葉が人に「どう受け取られたか?」については、神経質なくらい気にするのがちょうどよいのかもしれない。特に、誤解を招く可能性が1ミリでもある場合はなおさらである。

なぜなら口は災いの元。もしあなたがトラブルまみれの人生を送りたくなければ、不用意な発言はなんとしても慎んでおいて損はない。

不用意な発言がいつどこで自分に災いをもたらすかは分からない。何より常日頃からディスり行為を習慣としてれば「あの人はそういう人」という致命的な汚名を背負う。

そうなれば「類は友を呼ぶ」の法則通り、ハードモードな人生があなたの未来で待ち受けているだろう。

元ネタ

英語のお役立ち表現より。

相手に悪くとられるかもしれないことを言うとき、あらかじめ「No offence but, ~」と言っておくことで、トラブルの予防線を張ることができます。

言葉というのは、自分が思う以上に人によって違う捉え方をされます。

「英語ではハッキリ言った方がいいんでしょ?」的なイメージがありますが、英語でのコミュニケーションでも言い方というものがあります。

人を刺激しないための言い回しを覚えておくことで、英語のコミュニケーションを潤滑に行うことができます。

若葉マーク 初心者のための定番英会話教材といえば

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

すぐに使える英会話例文集⑤【自分の考えを伝える英語フレーズ】

Do and it will be done.

<<No.179へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.151~200】へ | No.181へ>>