Come to wisdom through failure. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.7】

真理の探求者

Come to wisdom through failure.

失敗を通じて叡智に至れ。

「失敗」という最大級の学び

「失敗」という言葉は、人にネガティブな印象を与える。

「私は○○に失敗しました」というと、「よく頑張ったね」「挑戦したね」というよりは、「あいつはダメだ」など、あまり良い印象を持たれないことの方が多いかもしれない。

ところがである。

人からどう思われようとも、失敗なくして栄光なし。人生でより良い何かを要求するなら。失敗は避けられない運命である。

なぜなら、失敗を通じて我々は、最高の叡智が身につくからである。

失敗は痛い。辛い。しかし、それは挑戦した証。自らのその身で失敗の痛みを味わうからこそ、そこから得られる学びは大きい。

だからこそ失敗なくして成功なし。最終的な勝利もありえない。

早い話、失敗によって人は学び、成長する。つまり失敗とは、人がよりよくなるためのきっかけにすぎないのである。

この意味で、失敗を避けるということは成長できる機会を避けるということでもある。それは人生における大きな損である。

勇気なければ栄光なし、何かを得ようとするのであれば、失敗することは避けられない。だからこそ、失敗を後ろ向きにとらえず、そこにプラスの意味を見出すことが大切だ。

失敗することで、あなたは確実に何かを学んでいるはずなのだから。

ストック!英単語

wisdom = 知恵

failure = 失敗

元ネタ

アメリカの小説家、ウィリアム・サローヤンの名言(Good people are good because they come to wisdom through failure.)から。

20世紀に活動した作家で、アメリカの庶民の生活を描いた作品が特徴です。代表作は『僕の名はアラム』などがあります。

若葉マーク 英語を話せるようになりたい初心者向け教材【優しい・かんたん】

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

やる気のでる英語名言集【偉人編】

Failure is the mother of success.

<<No.6へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.1~50】へ | No.8へ>>