「英会話を習得したい、でも英語を勉強する時間がない」というときは

夜遅くまで働く会社員

仕事で英語を学ぶ必要がある人が増えているようです。そのためか、電車内でビジネス英会話教材を使って勉強しているサラリーマンの方をよく見かけるようになりました。

社会人として仕事を持つ英語学習者として一番辛いのは、やはり勉強時間の確保。忙しい合間をぬい、プライベートの時間を削り英語を勉強する。これは本当に大変だと思います。

通勤時間を有効に使う

私も一時期、毎日の時間をやりくりして、英語に取り組んでいた時期がありましたので、「英語を勉強する時間がない!」という悩みはよく分かります。

私が20代終わりの頃の話です。仕事で忙しかった頃のこと。朝は4時半に起きて、6時には職場に向かい、家に帰るのはいつも夜9時過ぎ。家に帰った頃はクタクタ。

睡眠不足だと体がだるくて仕事に支障が出るので、帰宅後はすぐに寝てしまい、自分の勉強時間が全くとれない時期がありました。この状態だと、英会話教材で勉強する時間を確保するのも一苦労。

でも、英語はどうしても続けたかった(仕事の関係上続ける必要があった)ので、通勤時間を英語の勉強に当てました。

CDを聞くだけでも十分

とはいっても、それほど難しいことをしていたわけではありません。

朝電車に乗って、購入した教材(テキストとCD)で勉強。ポータブルCDプレイヤーで英語をリスニング、テキストで内容を確認するという、シンプルな学習です。

ただ、朝の電車で疲れて寝てしまうこともあったので、そういうときはCDプレイヤーに英語教材のCDをセット、睡眠学習のつもりで英語を聞いていました。

時間に余裕のある日曜日、電車で勉強したことを復習するというスタイルです。このような感じで、何とか英語に触れる時間を作っていました。

1日時間で言うと30分~50分でしょうか。

これくらいの短い時間でも、毎日続けていると変化を感じるものです。自分のしていることが力になっていくのを感じました。

短時間でも英語は勉強できる

1日数時間、集中的に勉強するのが難しい方は、通勤時間など、細切れの時間を有効活用してみることをオススメします。

電車で仕事に向かわれている方は電車内での時間を、車で仕事に行かれている方は車のオーディオプレイヤーに英語教材CDを。このちょっとした習慣は地味に効いてきます。

1日たとえ20分30分でも、続けていくことに意味があります

投資できる時間の関係上、上達の進度は緩やかになるかもしれませんが、それでもやったことは確実にあなたの血肉となります

「仕事が忙しくて英語を勉強する時間がない!」

という方は参考にしてみてください。

若葉マーク スキマ時間を有効活用!1日15分から取り組めるCD英会話教材

あわせて読みたい

英語のリスニング まずは15分から始めよう

<<英会話学習 よくある悩み相談室一覧へ