英語学習の効果を実感!目標設定するそもそもの意味と達成するための重要ポイント

目標を書く

英語学習の効果を実感!

このページでは、これから英語を学ぶ初心者の方に向けて大切な、「目標設定」についての考え方をお伝えします。

「目標」というと何か堅苦しい印象をあなたはお持ちかもしれません。ただ、あなたがせっかく英語の勉強を始めるなら、目標をきちんと設定しておくことが大切です。

これからその理由と、目標設定についての効果的なポイントについて、わかりやすくお伝えします。

まずこちらの内容だけでも今すぐ早急に押さえておくことで、今後長い目で見た時、あなたは着実に目標へと向かっている自分に気がつくときが来るでしょう。

はじめに

目標とは何か?それをシンプルに例えるなら、「あなたが得たい結果」です。

あなたは英語を勉強します。では英語を勉強した結果、あなたはどんな自分に変わっているのか?あなたの現実はどのように変化しているのか?その具体的なイメージが目標です。

例えばあなたは会社員として働いています。あなたは日々「英語を勉強しなければいけない」という必要性を感じています。現時点であなたは、英語は少し理解できるけど、英語を使って仕事をすることはできません。

そこであなたは考えます。

「英語を勉強し、仕事で英語をスラスラ使えるようになったら?」

このイメージを具体的にしたものが、あなたの目標になります。ただ、このままでは目標設定としては不十分です。そこで目標を現実に変えるために、もうひとひねり、深堀していきます。

目標設定の最重要ポイントは「具体的」であること

目標を決めることは「私はそこへたどりつきます!」というゴールを決めることです。ゴールを決めることで、私たちはそこへ向かって歩み始めることができます。その結果、私たちの現実に変化が起こり始めるのです。

ではどうやって目標を決めるのか?そこで最も大切なことが、目標が「明確」であることです。

「英語を話せるようになりたい」

「仕事で英語を使えるようになりたい」

「学校の英語のテストで良い点を取りたい」

これらは「願望」としてはOKですが目標としてはあいまいです。目指す場所があいまいな場合、進もうとしても途中で迷子になってしまいます。そして、何をどうすれば目標を達成できるかわからず、著しくやる気を減退させてしまいます。

しかし私たちは、何をどうすればいいのかがわかるとき、無理なく行動を起こすことができます。そこで目標を具体的に設定するのです。だからこそ「どこ」に到達するのか?ゴール地点をクリアにしておく必要があるのです。

目標を具体的にするためのヒント

では「どうすれば目標を具体化すればいいですか?」という話になるのですが、ポイントはシンプルです。「数字」や「場面」を意識するのです。

覚える単語の数。取得する英語の点数。英語がスラスラ話せる時間。英語を使う場所や時間そしてシチュエーション。これらを具体的に考えていきます。

一番着実なのは数字に置き換えることで、「英語を話せるようになりたい!」というあいまいな目標の場合、「TOEIC500点を取得して基礎力をつける」といった目標に置き換えることもできます。

英語を話すためにはフレーズを丸暗記するのではなく、必要な基礎力をつけることが「急がば回れ」になります。

大切なのは、「英語を話せるようになる」「仕事で英語を使いこなす」といった曖昧な目標ではなく、数字や場面などを用いて、具体的に目標を設定することです。このような具合です。

「英語を話せるようになりたい」

→英語で3分間自己紹介でき、自分の好きなことや苦手なことを話せるようになる。

→海外旅行に行ったとき、「入国」から「鉄道での移動」、「ホテル」、「ショッピング」、「食事」といった場面で英語を使いこなせるようになる。

「仕事で英語を使えるようになりたい」

→ビジネス英単語集を購入し業務で使う英単語1700語を全て覚える

→ビジネス英語の基礎的な力をつけるためにTOEICで730点を取得する

「英語のテストで良い点を取りたい」

→定期テストで英語は毎回最低90点取る

→志望校の英語テストで8割取る

というように、目標を「具体的」にしていくのです。この点が目標設定する上での、最も重要なポイントになります。目標は具体的であればあるほど達成率が高まります。

個人的な経験を一つご紹介します。私が大学受験したときのことです。9月中頃から受験勉強を開始。アルバイトをしながらの4ヶ月の勉強で、志望校を母校にすることができました。

このとき立てた目標は「志望校に合格する!」ではなく、「志望校の入試で英語200点満点中170点、日本史150満点中140点、国語150満点中90点取得する」(志望校の入試の「最低合格点」を超えた点数)でした。

目標設定でもう一つ大切なこと

もう一つだけ、目標設定をする上で大切なことがあります。それは、その目標が実現できるかできないかではなく、その目標があなたにとって「自然」かどうかです。すなわちその目標を目指すことがあなたの人生で意味があるかないか、です。

いくら意識の上でモチベーションを高めようと努力しようが、あなたにとってどうでもいいことを目標にするのは不適切です。

つまりあなたにとってその目標に挑戦する意味があるならば、その目標は自然です。目標を明確にしたのち目標を達成するためのTO DOを決め、目標へと進んでいくことができます。

一方、あなたにとってその目標に挑戦する意味がない場合。それは不自然な目標で、あなたの本心はそれを「どうでもいい」と思っています。例えばあなたが英語を学ぶことに対して「義務感」のようなものを感じている場合がまさにそうです。

今のご時世、英語力を必要としている人が増えていることは確かですが、あなたの場合、「今は」必死に頑張るときではないかもしれません。英語以外、もっと別の優先する何かがあるかもしれません。

あなたが「私には英語を学ぶことが必要だ!」と感じている場合、あなたはここに到達するまで真剣にこの記事を読んでいるでしょう。そして自分の目標について考え始めていることでしょう。

目標を具体的に決めたとき、それがあなたにとって自然な目標なのか?達成を目指すことに不自然さを感じるか?自分と相談することが大切です。

まとめ

ここまでのまとめです。目標設定において大切なポイントは2つです。1つは具体的であること。もう一つは、あなたにとってその目標が自然であることです。

得たい結果や目指す場所が明瞭で、その目標を達成することがあなたにとって自然な目標は良い目標です。得たい結果や目指す場所があいまいで、その目標を達成することにワクワクしない目標は不自然で悪い目標です。

私たちは目標を決めることによってそこに進む方法を知ることができます。目標の決め方はとてもシンプルです。

最後に

以上、独学で英語学習に取り組む上で大切な目標設定についてお伝えしました。

この記事では英語をテーマに目標設定についてお伝えしましたが、具体的な目標を決めることは、英語に限らず、とても大切なことです。

私たちは、流れに流されて生きていくことはできます。しかし、自分の人生に納得するためには、「私はこれを得たい」「私はこれを実現したい」という、明確な目標を持つ必要があります。

目標を持っても今すぐ現実は変わりません。しかし5年。10年。30年。違いは劇的です。目標を持つことはいわば決断です。「私はこの道を選ぶ」という、決意です。

あなたの目標は、何ですか?

若葉マーク独学の効果アップ!英語コーチングのすすめ