TOEICは転職に役に立ちますか?

キャリアウーマン

最近、自分のキャリアを真剣に考えるようになりました。

そこで将来の自分のために英語を勉強したいと思っています。まずはTOEICを頑張るつもりですが、転職で役に立ちますか?

英語ができるかできないか。

それは自分の世界を広げられるという素晴らしい価値がある一方で、実際の大人の世界で、英語ができることそれ自体が、一つの評価基準になっている現実があります。

もちろん「英語だけ」できてもダメですが、英語を学ぶことは自分のチャンスを増やしていく意味で、鉄板の自己投資です。

A・良い条件で転職を希望するならTOEICは前提条件

「転職を検討しているが、やはり英語力は必要?」

結論から言うと、「できないよりできる」の方が良いようです。

ある会社の調査データ(PDFに飛びます)によると、英語力が高ければ高いほど、転職決定年収と転職決定率が高くなるそう。

やはり転職を検討する場合、英語力は採用基準に関係すると考えておいた方が良いかもしれません。

ただし、転職サイトのDODAの調査によると、英語力が必要な求人の割合は高止まり傾向にあるそう。英語力が「必ず」必須というわけではないようです。

英語力=TOEIC

では、英語力を測る基準は何かというと、一般的に転職で注目されるのはTOEICのスコアです。

服を販売する某会社や、ネット通販企業の某会社のように、「社内は英語でやるぞ!」というような極端な例はあくまで例外としても、転職時、英語力を参考にする企業は多いよう。

もしも、社内が英語オンリーになったら

職種にもよりますが、海外で事業を展開する企業は増えていますので、転職者の英語力に関心を持つ企業は多いように思います。

そのため、TOEICの高スコア所持者は、転職においても、「英語ができる」という前提で自己PRすることができるので、有利かもしれません。

TOEICは実質の実用資格

ちなみに、TOEICを頑張るメリットは、転職活動だけではありません。傾向としては、受験、就職活動、様々な面で、TOEICが活用されている傾向にあります。

例えば、大学生の就職活動。

採用試験において、TOEICスコア所持者を優遇する(or義務付ける)という会社も登場、TOEICのスコアを所持することが、就職活動の常識にすらなっています。

学生の就職活動だけでなく、大学受験の関門センター試験ですら、TOEICの高スコア所持者に優遇措置が取られることになっています。

このようなTOEIC重視の流れから考えて、TOEICのスコアを所持することは、今後の日本において、プラスのメリットがあることは間違いなさそうです。

TOEICスコア所持でハイクラス求人に応募が可能?

また、転職市場においても、英語、特にTOEICのスコアは重要視される要素の一つ。

外資系、グローバル企業への転職に強い転職サービスでは、現在の英語力に応じて、求人案件を分類。

基本的に、TOEICのスコアが高ければ高いほど、好条件の求人を紹介してもらいやすくなるようです。

仕事で英語が求められるのは時代の流れ、TOEICを頑張ることは、社会で活躍するための条件になっていくのかもしれません。

英語力を生かせる高給の仕事に転職する方法

まとめ

最後にまとめです。

TOEICが転職に役に立つか立たないか?それは業界次第ですが、日常的に英語が必要とされる会社で仕事をするなら、まずできることが大前提。

この意味で、TOEICが700点以上あるというのは、一つのアピールポイントになるのは確かです。

今の会社に勤めていても、「TOEICの勉強を義務付けられた」という話も聞きます。

将来の自分のためを考えて、何か自己投資をしたいけれど、特に思いつくものがない。そういうときはまず英語。

TOEICを始めてみてはいかがでしょうか?それが将来の自分のチャンスを広げる、大きな武器になるかもしれません。

若葉マーク TOEICで結果を出すおすすめの英語教材

あわせて読みたい

英語が苦手な社会人が英会話を着実に身につけるコツ

英語を活かせる仕事ができるおすすめの資格4つ

仕事が忙しい社会人が効果的に英会話を習得する5つの方法

<<英会話のよくある質問に戻る

シェアする

フォローする