ホーム > 入門講座 > 学習のフローチャート【準備編】

イチから英会話の学習を始める方に


「これから英語学習を始めたい」という方向けのコンテンツです。

目標設定、教材選び、学習計画など、各ステップごとのポイントをまとめています。

【英会話学習 3つのステップ】
フローチャートの画像

スポンサードリンク


ステップ1:現在値を知り、目標を設定する
学習をスタートする前に、まず最初にすることが、どのくらいの英語力(英会話のスキル)を身につけたいのかを決めます。目標を決めることで、

・何を勉強するのか?
・なぜ英語に取り組むのか?
・どの教材を使うのか?

などがはっきりしていきます。

そして、目標を最初に決める一番のメリットは、成長率です。1年・2年のスパンでみると、目標のあるなしで英語力の伸びが違います。

漠然と「英語を話せるようになりたい!」と思い、何となく勉強していても、そのうち飽きてきたり、めんどくさくなったりして、学習の継続が難しくなる場合があります。

そこで大切なのが、最初に目標を決め、「このために自分は英語を勉強するんだ」という動機付けを行います。

ポイントは、自分で目標を決めること。人からやらされたり、強制された目標の場合、そのうちしんどくなるからです。

目標を設定するときに気を付けたいことが、自分の現在地にあわせた目標を立てることです。

短期間で急激なレベルアップを目指すより、長期間取り組める目標を設定するのがポイントです。

詳しくは当サイト配布のレポートを参考にどうぞ。

関連記事
英会話の初心者です。どこから英語の学習を始めればよいですか?
「上達する」というのは、具体的にどのような状態ですか?
英語という投資
英会話学習の基本パターン

ステップ2:学習する教材を選ぶ
目標が決まったら、毎日の英語学習で使う英会話教材を選びます。

目標が決まっているのなら、どの英語スキルを伸ばしたいのかがハッキリしていると思います。一例をご紹介させていただきます。

会話力重視
・スピーキングとリスニングを重点的に学べる教材を選ぶ。

基礎からやりなおし
・文法やリーディング、単語力を伸ばせる教材を選ぶ。

英語の読み書きを伸ばす
・リーディング、グラマーを伸ばせる教材を選ぶ。

ポイントは、自分の目標とした英語力を磨ける教材を選ぶことです。先ほど設定した目標とあわせ、教材を選びます。

ちなみに、当サイトでは目的・スキル別に英会話教材をまとめています。よかったら参考にして下さいね。

初心者向けの優しい英会話教材
スピーキング
リスニング
リーディング
英文法
TOEIC対策
レベル別
英語教材価格・スペック
(「英語が苦手!」という方はこちら。)

なお、当サイトでは人気の英会話教材ランキングを掲載しています。

「どれがいいのか分からない!」という場合は、参考にしてみて下さいね。

関連記事
レベルにあわせて - 自分が理解できるものを選ぶ
目的をしっかり決める - 伸ばしたいスキルを決める
英会話教材はどのように選べばよいですか?

ステップ3:学習プランを決める
目標と教材が決まったら、次は具体的な学習計画を立てます。この場合のポイントは、

・マイペースに出来る範囲(ムリはしない)
・やること(ノルマ)を明確にする

の2つです。

特に大切なのが、自分のライフスタイルにあわせたプランを選ぶこと。

人によって、生活環境は違います。そこで、長期間続けられる計画を立てる必要があります。

例えば、仕事をしている方は、平日家でじっくり学習する時間が取れないかもしれません。

この場合、外出中のスキマ時間(通勤、昼休み)などを使う、朝早起きして勉強時間を作るなどの対応ができます。

このように、学習計画は自分の生活パターンにあわせて、工夫する必要があります。

一度自分の生活パターンをチェックして、「どの時間なら勉強できるか?」を考えてみるとよいと思います。

次に、やることを決めます。ポイントは具体的に決めること。

1日のうち、何をやるのかハッキリ決めておかないと、集中力を発揮できません。そこで、「何があっても、これだけはやる!」と決めておきます。

よい例
・A問題集を1ページ解く
・B長文集を1ページ音読
・C英単語帳の単語を3つ暗記する
・A〜Cを5ページこなすごとに復習する

悪い例
・1日○時間英語を勉強する
(何を、どれだけやるのかが分からない→ぼんやり時間を過ごしてしまう可能性があります)

このノルマさえこなせば、1日の英語学習は終わりです。

大切なのは勉強した時間ではなく、こなした量です。自分が決めたノルマを、集中して取り組むのがポイントです。

注意点としては、ムリをしないこと。マイペースにやれる範囲で学習量を決めます

理想としては、ちょっと頑張ればこなせる分量がよいでしょう。また、復習も忘れずに計画しておきます。

覚えた知識を定期的にメンテナンスすることで、攻めと守り、バランスのよい学習ができます。

関連記事
学習プランは時間で決めない
攻めの学習・守りの学習 - バランスよく使い分ける
暗記は忘れることを前提に

目標が決まり、教材を選び、計画を立てたら、英会話学習の実践へ進みます

若葉マーク英会話を話せるようになりたい初心者が注目しておきたい人気教材

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます