英会話初心者のための学習フローチャート【実践編】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頑張るよ!

学習フローチャート【準備編】の続編です。

すでに学習をスタートした方向けのコンテンツです。上達のプロセス、スランプ対策など、英語学習を続けるための情報をまとめています。

ステップ1:成長は曲線的に

まず始めに、上達のプロセスについて情報を共有したいと思います。

通常、勉強すればするほど直線的に英語が上達すると考えてしまいますが、実際はそんなに上手くいかないのが現実です。

これは私自身の体験や、私が見てきた他の人の体験ですが、どうやら上達には一定の経験則があるようです。

あなたに当てはまることはないかもしれませんが、ご紹介させていただきます。

通常、頑張れば頑張っただけ、すぐに結果になると主ってしまいますが、現実はどうもそうではないようです。

直線的な成長パターン

直線で進む表

成長は直線ではなく、らせん状に進みます。勉強を始めて一定期間は効果が実感できないレベルで進みます

ある人は1ヶ月かもしれません。ある人は3ヶ月かもしれません。毎日勉強しても、自分が伸びていると実感できない時です。

具体的には、「こんなことを続けていて、本当に英語ができるようになるのか?」という迷いが出てきたときです。

この時期がいつまで続くかは個人差がありますが、ここで勉強を辞めてしまうか、それとも淡々と続けるかによって、将来天と地の差がでます。

「結果が出ていない」ように見える時期は、種を植える時期です。

庭にひまわりの種を植えたからといって、すぐに花は咲きません。花が咲くには、一定期間時間がかかります。

学習の上達もそれと同じような傾向があるように思います

実際はこのような感じでレベルアップしていきます

学習時間と上達の具合を示す表

初心者の方は、学習を始めてしばらくはこのような「上達しない時期」を経験するかもしれません。

「努力していても結果がでない」と感じる時期がある程度続きます。

学習を始めても、一定期間は効果を実感できない時期があるかもしれませんが、それは自然なこと。

能力に関係なく「そういうものだ」と知っておけば、思うようにいかないときに、慌てずにすむと思います。

淡々とやるべきことを続けていると、急激に「自分のレベルが上がった!」と感じる時期が来ます。

ここが成長のブレイクポイントです。上の表で言えば、10ヶ月目がそれに当たります。

蛇足ですが、この下積み時期が長ければ長いほど、後で飛躍的に伸びる人が多いというのが私の個人的な感想です。

(逆に、ちょっと勉強してすぐに結果が出た人ほど、慎重になった方がいいかもしれません。)

参考記事

まず3ヶ月続けてみよう

ブレイクポイントは突然やってくる

ステップ2:計画を

日々の学習管理です。定期的(1週間単位がベターです)に、学習の進度、問題点等をチェックします。

・勉強量は適切か?

・負担が大きくないか?

・もっと上手にノルマをこなすにはどうすればいいか?

など、定期的なメンテナンスをすることで、少しずつ、学習の質が向上します。何事もやりっぱなしがよくないのと同じで、必ず自分の学習の質をチェックします。

例えば、日々のノルマを達成できていない場合、学習計画を修正したり、自分の生活パターンを見直して、より適切な方法を探す必要があるかもしれません。

必要なら、柔軟にプランを変更してもよいのです。

この試行錯誤の時期は、自分の勉強スタイルを作りだす大切な時期です。一概に「○○式勉強法」があなたに合うとは限りません。そして常に、

「今の自分にとって、何が上手くいくのか?」

をトライ&エラーで試していきます。学習のプランを立てても、上手くいくこと、いかないことが出てくると思います。

そういうときは、適度にプランを変更してOKです。「~ねばならい」ということはありません。

参考記事

攻めの学習・守りの学習

暗記は忘れることを前提に

基本ルール「守破離」

日本人にとって一番の学習法は

ステップ3:伸び悩む時期を乗り越える

最後にスランプ対策です。これはおそらく、英語学習者誰もが経験することだと思います。

ある程度学習すると、自然と一定のレベルに進んでいくことになります。そうすると、そのレベルでまたしばらく成長が止まります。

上手く行っていた学習を続けていても、思うように上達しない時期があります。これがスランプです。

そして、このスランプの時期に、

・出来たことができなくなってしまう人

・そのままの水準でとどまる人

などに分かれます。

私の場合前者になる時期と、後者の時期両方がありましたが、前できたことができなくなると、精神的にかなり「ガーン」ときます。

こういう時はペースを変えてみたり、ミニブレイクを取ったりと、スランプ対策が必要になります。

努力家な人、真剣な人ほど落ち込んでしまいますが、長い目で考えると、スランプも学習のプロセスです。

今一度、自分の学習に対する姿勢や、考え方、行動を振り返ることで、もしかしたら、以前よりも素晴らしい方法を見出すことができるようになるかもしれません。

スランプの本質=今以上に上手くいく方法を見つけるチャンス

ある程度自信がついてきたら

英語は、単語を覚えたり、文法を理解したり、教材のCDを何度も聴くことが大切なのはもちろんですが、覚えたことを使う練習をすることが上達に必要不可欠

英会話の勉強を頑張ってきて、ある程度英語に慣れてきたら、英語を話す機会を作ります

オンライン英会話

英会話スクール

英語圏の国に旅行に行く(団体プランではなく個人プランで)

など、英語を生で使う時間を持つのが理想的。

○忙しい場合

→「ともかくたくさん英語を話したい!」という場合はオンライン英会話

○「他の英語学習者の方と交流しながら英会話に挑戦したい!」という場合

→英会話スクールを活用する

このような具合、一番あなたの目的に合うサービスを利用するのがポイントです。

イギリスやオーストラリアなど、個人で海外へ生き、そこで現地の人と英語で話して交流のも面白いですよ。勉強になり、やる気になると思います息抜きにもなります。

本格的に英語に挑戦するなら、語学留学を検討するのも1つの方法です。

お得な価格で語学留学できる国もあるので、コストパフォーマンスで留学サービスを選べば、お得な価格で本格的に英語力を磨くことができます

「コツコツ独学で英語を頑張ってきた。これなら、簡単な自己紹介や、中学レベルの英会話ならできるかも。」

という方は、ぜひ実践段階に入り、勉強してきた英語の知識を生きた英語力に変えていきましょう。

若葉マーク初心者が英会話に挑戦するならこちら!初級用の人気教材まとめ

あわせて読みたい

学習を改善する自己分析スキル

メタ認知とは

<<英会話入門講座へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする