ホーム > 初級者のためのQ&A > 英語の例文、構文の暗記は英会話の役に立ちますか?

英語のフレーズを暗記すれば英会話が身につく?


単語や文章

努力する方向を考えてみる
定型文の暗記と実際のコミュニケーションに関するQ&Aです。

結論から言うと、英語の例文を丸暗記することはムダではありません

英会話では、決まりきったフレーズを覚えておくことで、簡単なコミュニケーションができるので、即効性を実感できます。

ただし、正しい(ここでは効果があるという意味です)方法で取り組まないと、役に立つどころか、学習上の有害になる場合もあります。

そこで、まず定型文の暗記の失敗例を、私の体験からご紹介させていただきます。

スポンサードリンク


覚えても役に立たない?
昔、ある人に「基本英文700選」(駿台の受験本)を薦められ、1日3つの例文を暗記していた時期があります。

約360くらい覚えるまで頑張ることができましたが、その努力は英会話に役に立ったかというと、ハッキリ言って全く役に立ちませんでした。

投資した努力と時間にも関わらず、今では全部忘れてしまいました(爆)。

その理由は次の2つです。

・日常コミュニケーション上、実用性のない英文を暗記していたから
(700選はあくまで受験英語で点を取るための書物です)
・なぜわざわざ覚えるのか、その理由があいまいだったから


「基本英文700選」は素晴らしい書籍です。この本に収録されている例文を暗記することは、大学受験の英語対策にとても役立ちます。



私の場合、人に薦められるがままに、闇雲に暗記に走り時間をムダにしましたが、結果的に分かったのは次のことです。

生きた場面の中で
英語の定型文や例文を暗記する上で、一番効果が大きい方法は、実際の英会話をイメージして暗記を方法です。

「この場面ではこの英語を話そう!」という、具体的なイメージをともなうスタイルです。

例えば、あなたは来月イギリスに旅行に行きます。

ツアーではなく、個人旅行です。あなたは、カンタベリーやウェールズなどの観光地を訪れたいと考えているとします。

そこで、旅行を楽しむために、英会話の例文集を暗記するとします。この場合、どんな場面で英語を使う必要があるでしょうか?

・機内(飲み物や食事をお願いするとき)
・税関や入国審査(必ずWhat's the purpose of your visit ? と聞かれます)
・お店(欲しいものを買うとき)
・切符売り場(電車、バスetc・・・)
・レストラン(食事は楽しみでもあり、難しい場面でもあります)
・ホテル(空き室の確認、部屋のタイプなど)

いろいろな場面が浮かぶと思います。この状態になってこそ、例文の丸暗記は意味のある学習になります。

そこには、「私はこのシーンで、こういう英語を話したい!」という具体性が湧くからです。

この場合、英会話の定型文を丸暗記したとしても、それほどデメリットはありません。

なぜ、この方法が効果的かというと、留学やホームステイをイメージすれば分かりやすいかもしれません。

現地でネイティブの人とコミュニケーションすると、同じようなパターンから英会話が始まります。

What's up?
Hello!

など、周りの様子を観察していれば、「この場面でこんな英語が使われている」という現場を目撃します。

そこで、「自分も人とあいさつするときはこの英語を使えばいい」というようになります。

そして、周囲の会話を聞き、それを真似し、覚えていくことで、少しずつ、現地で使える英語のコミュニケーション力が身についていくというわけです。

具体的な場面をイメージしながら英語の例文を暗記する方法は、このようなプロセスを自分で行うことです。

「ホテルではこのフレーズ、空港ではこの例文」というように、場面を意識して英語を暗記することで、暗記したフレーズが使えるようになっていきます。

根性論的な暗記は危険
問題なのは、意味もなく、例文をひたすら頭に詰め込んでいく方法です。

先に書いたとおり、英会話の定型文を暗記することは、ムダではありませんが、闇雲に覚えても、苦痛を感じるリスクの方が高くなります。人は理由のない行動を続けることを苦痛に感じる生き物なのです。

たとえ「英語の例文を暗記することは大切だ」と頭で分かっていても、「なぜその英文を覚えるのか?」について、自分なりの理由がないと、学習の効率が上がることはありません。

暗記の効率がダウンし、悪い場合は英文法の知識を無視(もしくは軽視)した結果、間違った英語の知識を持ってしまうリスクがあります。

大切なのは
もしあなたが例文を暗記し、それを英会話に役立てたいと考えられている場合は、無味乾燥な丸暗記を避けることが大切です。

そして、実際にあなたが英語を使う可能性の高い場面を想定することをオススメします。

あなたがビジネスマンなら、商談での英語やあいさつやあいづちの方法などの場面の例文にトライするとよいかもしれません。

もしあなたが大学生で、ゼミで英語の討論がある場合は、ディベートの例文を暗記。

自分がどのように発言したいかをシュミレートすることで、実際の場面でも、スムーズに討論に参加できるようになります。

英会話の初心者の方なら、自己紹介やあなたが好きなことに関連する、シンプルな例文を中心に暗記がオススメです。

大量の英文を覚える必要はありません。よく使うものだけ(俗に言う重要表現)を覚えるだけでも、かなり力になります。

ポイントは、あなたが英語を話す場面を意識して例文を暗記していく学習です。

それを意識し、自分で口に出し、繰り返しスピーキングして、自分のモノにしていきましょう。

若葉マーク英会話の初歩の初歩をこの教材で習得!

関連記事
英語を話せるようになるにはどれくらい基礎が必要ですか?
チャンクについて
文法VSコミュニケーション

<<英語&英会話のよくある質問に戻る

スポンサードリンク