英語がもっと得意になる!スキーマとは

知識の塊

スキーマとは、情報や一連の知識のかたまり(背景知識など)を指します。

英語を読む、聴くという場合、話の流れやその分野の専門用語(スキーマ)などの知識が欠けていると、内容が上手くつかめないことがあります。

人は自分が知らないこと・分からないことに対しては上手く対応することができないからです。

例えば、英語ができる人でも、自分の専門外の話や、関心のない(情報の少ない)話になると、ぜんぜん内容が理解できず、英会話に支障が出ることがあります。

普段聞いたことのない話、普段しないことをするときは、上手くできるようになるまでに時間がかかります。英語も同じです。

いくらリーディング・リスニングが得意な人でも、自分の専門外の話になると、急に力が鈍る場合があるのです。

こうしたことが起こる原因は、スキーマ(その分野に関する情報)が欠けているためです。

関連する情報を取り入れる

逆に言えば、スキーマを強化することで、英語をスラスラ使いこなせる範囲が劇的に増加します。

スキーマを上手く取り入れた学習をすることで、TOEICTOEFLなどの英語試験はもちろん、英会話でもより効果的な学習を行うことができます。

例えば、

「経済・政治の英語ニュースは聞き取りやすいけど、環境問題のニュースは聞き取りにくい」

という場合、日本語で環境問題に関する情報をチェックすることでスキーマが強化され、リスニングがスムーズになります。

また、世界経済に関する英語長文を読む場合、経済に関連する本を読んで、情報をストックします。

このように、関連する分野の情報(スキーマを取り入れる)ことで、英語を読むときも、比較的スムーズに進みます。

英語学習(特にリーディング・リスニング)をする際は、読む長文・リスニングする関連する知識を調べておくことで、より効率的な学習が期待できるでしょう。

スキーマ活用の例

例1:TOEICのリーディングセクション対策

経済・ビジネスなど幅広い分野の情報を調べておく

例2:教育に興味がある人と英会話する

教育関連のニュース・時事情報をネットでチェックする

あわせて読みたい

英語の初級レベルでは日本語を上手に取り入れる

ブレイクポイントは突然やってくる

<<英語用語集に戻る