ホーム > 私の英語体験談 > 洋楽で英語に慣れた

洋楽を聞くことで、英語が身近な存在に


音楽を聴く美女

ビートルズに出会って以来、どんどん英語の歌に興味を持つようになりました。高校へ入学してからは、英語の授業よりも、洋楽中心に英語を勉強していたと言っても過言ではありません。

オアシス、ブラーなどのブリティッシュポップから始まり、カーペンターズ、キャロルキングなどアメリカのアーティストなど、それこそCD300枚くらいの英語を聴きました

おかげで、リスニングに対してヘンな自信がつき、英語を聴くということに対して、ポジティブな影響がありました。このような体験があるせいか、高校の英語の授業はあまり面白くありませんでした。

英語のクラスと言えば、文法の学習が中心で、毎日辞書で教科書の英文を調べ、文法を学ぶ、そんなありきたりな授業でした(このときはこうした英語学習の意義が理解できませんでした)。

コミュニケーションのクラスでは、毎日英語を聴いて真似していたので、「発音が上手い」と周囲からほめられましたが、英語のテストはテンデ普通です。

リスニングはほぼ満点を取れるのですが、文法は60〜70点と可もなく不可もなく。「どうしてこんな勉強をしなければいけないんだ?」と感じていました(今思えばなんとも恥ずかしいかぎりですが)。

ただ、英語に関しては親近感があったので、テストの点数云々はともかく、英語に対して肯定的な態度、すなわち「勉強すればできるだろう」という楽観的観測が自分の中にありました

こうした英語に対する希望的な肯定的な感情が、英語を伸ばす上で役に立ちます。

英語が苦手な人の場合、強い苦手意識が根底にあります。例えば、苦手な人に会うとき、スムーズに話せなかったりしますよね。当然、相手と会話する機会も少なくなるので、相手がどんな人か、詳しいことが分かりません。

「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」ということわざがありますが、英語も同じで、ヘンに苦手意識があると、必要以上に自分の成長を妨げます(詳しくは思い込みをリセットを参照)。

今の能力がどうであれ、英語に対して肯定的な感情を持てば、おのずと能力はアップしていきます。私の場合、洋楽が英語に対する肯定的な感情を与えてくれました。このことは、今でもよい影響を与えています。

「英語が苦手」と何となく感じている方は、まずは映画や音楽など、親しみやすいサブカルチャーから入るのも1つです。自分の無意識にある英語への「マイナスの意識」を、少しずつ取り払ってくれると思います。

次のページ
受験で伸びた英語力へ続く

関連記事
やる気のでる英語名言集A【名曲編】
洋楽で勉強する
J-POPを英語で聴く

<<私の英語体験談一覧へ

スポンサードリンク