普段のコミュニケーションで使える英語のフレーズ


木の下で会話するカップル

日常英会話でよく使う英文をまとめているページです。

基本表現、相手を興味や関心を深く知るための質問、覚えておきたいあいづち表現はこちらでチェック!

スポンサードリンク


5W1H(質問したいとき)
Who = 誰が
What = 何が
When = いつ
Where = どこで
Why = なぜ
How = どうやって

What
What's on for today ? (今日の予定は?)
相手を誘う前に、相手の予定を確認するときに使います。What are you going to do ? でも可。

What is it like living in Germany ? (ドイツに住むのはどのような感じですか?)
「〜はどうですか?」という意味のWhat is it like 〜 は幅広く会話に役立ちます。

What is your favorite movie ? (好きな映画は何ですか?)
What is your favorite A ? という使い方をします。

What's the story with A ? (Aの件はどうなったの?)
噂話を話すときに使います。

What's the matter ? (どうしたの?)
相手が困っているときによく使うフレーズです。

Who
Who is your favorite actor ? (あなたの好きな俳優は誰?)
「Who is your favorite A ? 」であなたの好きなAは何ですか?

Who do you mean ? (あなたは誰のことを言っているの?)
誰の話かを確認したいときに。

Who do you work for ? (どんな仕事をしているのですか?)
相手に職業を聞くときに使う表現です。

When
When is your birthday ? (あなたの誕生日はいつ?)
「○○はいつ?」という覚えておきたい表現です。

When will we meet ? (いつ会う?)
予定を決めるときに。

Where
Where do you come from ? (どちらからいらしたのですか?)
相手の出身地を聞くときに。Where are you from ? でもOK。

Where do you eat dinner ? (どこで夕食を食べるの?)
場所を聞きたいときにWhereを用います。

Why
Why do you work so hard ? (なぜそんなに働くの?)
「なぜ○○するの?」という表現です。

How
How old are you ? (あなたは何歳ですか?)
How old 〜 で年齢を聞くことができます。が、相手とあまり親しくないうちは使わない方が無難かも(女性に使うのは厳禁)。

How do you spell 〜 ? (どう綴りますか?)
相手の名前などスペルが分からないときに。

How many children do you have ? (お子さんは何人いるのですか?)
How manyで数を聞くことができます。

あいづち
Sure = Of course. (もちろん)
You bet ! (もちろん!)
Crystal. (分かった) 会話でのみ使います
Hit me. (言ってみて!)
I think it's true. (その通りだと思う)
You're telling me. = You're absolutely right. (まったくその通りだ。)

英会話で役に立つフレーズは、1から覚える英語の例文でまとめています。あわせてご利用下さい。

覚えておきたいあいづち
Same here. (私も同じ)
「僕もそうなんだ!」という表現です。

A:I love to play tennis. (テニスをするのが好きなんだ)
B:Same here. (私も!)

という感じで使います。

Do you have a point ? (何が言いたいの?)
相手の話している内容がよく分からないときに。I don't understand. (分からないよ)でもOK。

Do I make myself clear ? (私の話は分かった?)
少し硬い表現。相手に「自分の話をしっかり理解したのか?」と強く言いたいときに。

会話の最後に
Nice talking to you. (あなたと話せてよかったです。)
It was nice talking to(with) you. の口語。

注目
上達は中学英語から!日常英会話が学べる教材

次のフレーズはこちら
食事で使う英語

関連情報
英会話学習の基本パターン
日本人にとって一番の学習法は
初級レベルは日本語を
英語という投資

<<覚えておきたい英会話の例文集へ

スポンサードリンク